2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シーンの徒然なる旅

1 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:38:19 ID:/zzpf3Ph0



                /V\ 。o (なのです・・・・)
                ( ・−・)        
                (つ旦と)     
               と_)_)   



2 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:38:47 ID:30NF+VT50
2ゲット!!


3 : ◆kTxKwqhJTA :2005/12/17(土) 19:39:28 ID:m57mQfpt0
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′

4 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:40:36 ID:QK5VQ0kO0
      よーし、パパ、他力本願だったら許さないぞー
 ( 'A`)>
 ノ( ヘヘ

5 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:43:27 ID:/zzpf3Ph0
1






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             「こんにちは。旅の方ですか?」
________________________________









6 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:44:05 ID:/zzpf3Ph0

小高い緑の丘の上の近くの小さな家の前で
女の人は男に言いました
「はい」
「よろしければ、お茶をご馳走させてもらってもいいですか?」
「よろこんで」
「それなら、どうぞ」
女の人は、男を家に招き入れました

   /V\                         ∧,∧
   (,, ・−)                       (゚-..゚,,)
   (   £)                       (,  ,)/ 
   人  Y                          |  |'  
  (,_,ヽ,,_,)                        .. し`J 


7 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:44:38 ID:/zzpf3Ph0
3  

「どうぞ」
「ありがとうございます」
女の人はお茶を出し、男はそれを頂きました
「おいしいですね」
「ありがとう」
女性はにこにこと
「旅の方、よければ、みていただきたいものがあるんですけど・・・」
「なんでしょうか」

  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |___________________________________
/           
       ∧∧ニラチャドゾー._______(○)________   ドウモ
       (,,゚ー)    ./∬        .)-(      .∬   ../V\
       /  )   / ..旦       (_)      旦 ../(−・ ,,)
     .. ~(   )  ./                      //∪£∪)
            .l二二二二二二二二二二二二二二二二l/  (_(__)
            |_ソ!                    |_ン


8 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:45:49 ID:/zzpf3Ph0


「あれです」
女の人は庭を見ました
男も庭を見ました

  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |___________________________________

       ..∧∧      _._______(○)_________  
       (゚ー゚)    ./∬        .)-(           ../V\
       /  )   / ..旦       (_)        ..../(,,・−・,,)
     .. ~(   )  ./                      //(」旦と )
            .l二二二二二二二二二二二二二二二二l/  (_(__)
            |_ソ!                    |_ン


9 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:46:30 ID:/zzpf3Ph0


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私が育てた花達です。綺麗でしょう?」
「そうですね」
男は微笑して言いました
女の人は本当に嬉しそうに
「大切に心を込めて育てたんです・・・子どものようなものですよ」
「そうですか」
________________________________


          (○)(●)(○)(○)(◎)(○)(○)(●)(○)(○)(○)(○)ミ
          ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃
          ...(●)(○)(○)(○)(●)(○)(○)(○)(○)(◎)(○)(○)_
          ...ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃...
          .(○)(○)(○)(●)(○)(◎)(○)(○)(○)(●)(○)(○)
          .ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃.
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


10 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:47:08 ID:/zzpf3Ph0


その後、二人は他愛も無い雑談をしました

  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |___________________________________
/          /
       ∧∧ ―    ..._______(○)________  
       (,,゚ワ)\  ../∬        .)-(      . \  ../V\
       /  )   / ..旦       (_)    ..□― ../(∀・ ,,)
     .. ~(   )  ./                .  .. ̄/.//∪£∪)
            .l二二二二二二二二二二二二二二二二l/  (_(__)
            |_ソ!                    |_ン


11 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:48:02 ID:/zzpf3Ph0

そして、女の人は男を笑顔で送りました





   ./V\                     ∧∧
  (,, ・−) ミ                 (- ゚,,)
  (  £ つ                 ((と   )
    Y  人                    |  |〜
   (_」 J                  .. し`J


12 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:50:07 ID:/zzpf3Ph0


そして男が歩いていると





                              /V\   〜♪
                             (・−・ .)
                             ..( £ ..)
                             ヽγ /
                             ..(___ノJ 


13 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:51:01 ID:/zzpf3Ph0


3人ほどの男がやってきました






        /V\   .       
       Σ(; ・−・)                          (´´
    .⊂  ( つ と) .       チョットマテゴルァ!!!       (´⌒(´       ハヤイッテ
 .   ⊂ ..〈 〈\ \         □三   )      (´⌒(´     .□三三   
        (_) (_)      ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡ (´∀`;..)   □三三
                           ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;       (    )  (・∀・;..)
                                           Y  人   (    )
                                           (__)_)  Y  人
                                                  (__)_)


14 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:51:50 ID:/zzpf3Ph0
10

「どうしましたか?」
「あなたは、あの家にいったんですか?」
「そうですよ」
「なにかもらいましたか?」
「お茶を少し」
男達は、ひっとうめいて



          /V\         ..□三三て     □三三       □三
          ( ;・−)        (´∀`;) と   (・∀・;) そ  Σ..(゚Д゚;)
          (   £)       ⊂    )    .(つ  ∩     ..⊂| U|
          | | |         | | |    ..| | |       .|   |〜
          (__)_)       ..(_(_)    ..(_(_)       .U U


15 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:52:25 ID:/zzpf3Ph0
11

「な、なにか体に異常はありませんか?」
「別になんとも無いですよ」
「そうですか」
男達がほっとして
「いえ、あそこの庭には、毒草や麻薬性のある草があるんですよ」
「はぁ」
「全く、あの女性は何をしだすつもりなのか・・・」
「だから我々が、あの女性を監視しているのです」
「では、これで」
「はぁ」

          /V\         ..□三三      □三三       □三
          ( ,,・−)        (´∀` )    ..(・∀・ )     ....(゚Д゚,,)
          (   £)       ⊂    )    ..(    )     .⊂| U|
          | | |         | | |    ..| | |       .|   |〜
          (__)_)       ..(_(_)    ..(_(_)       .U U


16 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:52:59 ID:/zzpf3Ph0
12

小さな男は、男達が走り去った後
道を歩いて行きました


                              /V\ ・・・・・・・ 
                             (・−・ .)
                             .( £  )
                             ヽγ /
                             ..(___ノJ 


17 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:53:32 ID:/zzpf3Ph0
13

途中、紅や藍や碧などの
綺麗な花を



                    +

   +      (○)(●)(○)(○)(◎)(○)(○)(●)(○)(○)(○)(○)  +
          ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃
          ...(●)(○)(○)(○)(●)(○)(○)(○)(○)(◎)(○)(○)
          ...ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃...     +
      +   .(○)(○)(○)(●)(○)(◎)(○)(○)(○)(●)(○)(○)
          .ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃.
 +         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    +

                       +

18 :( ´∀`)さん:2005/12/17(土) 19:54:40 ID:/zzpf3Ph0
14

思いだしながら
道を歩いて行きました



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        O 。



                              /V\  
                             (・−・ .)
                             .( £  )
                             ヽγ /
                             ..(___ノJ     


・・・end

19 : ◆kTxKwqhJTA :2005/12/17(土) 19:58:18 ID:m57mQfpt0

        グッジョブ!!           ∩   ∩
       _ _∩           (⌒ )   ( ⌒)        ∩_ _ グッジョブ!!
        (ヨ,,. i              |  |  / .ノ        i .,,E)
グッジョブ!!  \ \           .|  |  / /         / /
  _n      \ \   ∧_∧ .|  | / /_∧   / ノ
 (  l    ∧_∧\ \(´∀` )|  | / /*´∀`)/ /  ∧_∧      グッジョブ!!
  \ \ (´∀` ) \         ノ(       /____(*´∀`)    n
    ヽ___ ̄ ̄ ノ   |      /   ヽ      | __      \     l .,E)
      /    /     /     /    \     ヽ   /     /\ ヽ_/ /

20 : ◆SNoL1xRt7A :2005/12/17(土) 23:32:35 ID:/zzpf3Ph0
2,9の数が抜けてしまった・・・

21 :( ´∀`)さん:2005/12/18(日) 01:25:57 ID:dp1dvgG20
期待。これからどうなるんだろう

22 :( ´∀`)さん:2005/12/18(日) 16:30:10 ID:uLkfac+V0
キノかとおもた

23 : ◆SNoL1xRt7A :2005/12/18(日) 18:38:38 ID:FRQoTbLK0
今更ながら注意書き

リレー形式。シーンの一話完結の話ならどんな形でもOK
トリ、コテはご自由に
一応sage推薦
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(というかこんな中途半端なスレ )
                ( ・−・) ..( 見てる人がいるのかどうか・・・)     
                (つ旦と)  \_____________/  
               と_)_)   

二話目は製作中・・・たいした話でもないのに難しい・・・

24 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:20:33 ID:yiHc1j080



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  「どうだい?」
________________________________








25 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:21:18 ID:yiHc1j080


口元にスカーフを当てた、黒髪の苦みばしった男は言いました。
「君の意見を聞きたいな」
「はぁ」
スカーフの男は、軽くグラスを揺らして言いました
「人を殺める。これが絶対に悪とは限らないんじゃないだろうか」
                           ┌─┐
                           │┗│
                           └─┘
                          

      /V\        ∧ ∧       
     (,,・−・)∬ ̄\  ( ´ー`) ヽ△    
     (  つ 旦    \( ||§||つ■ヽ目  
    .. (   /         ̄ ̄l ̄ ̄\ ̄.▼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
    ━┳∪/          (-∞--) _┴        .
    __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..<   > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  ━┳━  .\        .. /_l_ヽ._.十       
_   ┻     |  ━┳━   ━┳━..`.│       
           ̄ ̄.┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



26 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:22:05 ID:yiHc1j080


スカーフの男はくるりと背を向けて
「大体、殺すという行為が負の視線で見られること自体が不愉快なんだ」
「はぁ」
「必要悪、という見方もあるが、悪であること自体間違っていると思うのさ」
「なるほど」
スカーフの男は刀を携えて

                           ┌─┐
                           │┗│
                           └─┘


      /V\        ∧ ∧       
     (,,・−・)∬ ̄\  ( ´ー) ヽ△    
     (  つ 旦    \( ||§|つ■ヽ目  
    .. (   /         ̄/_、_ l ̄.▼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
    ━┳∪/         (---/) ┴       .
    __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<メ/__> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  ━┳━  .\        .. |__:\ヽ._.       
_   ┻     |  ━┳━   ┿┳┿..`.       
           ̄ ̄.┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



27 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:22:39 ID:yiHc1j080


「例えば、罪もない人が襲われそうになっている。



                  ∩∧∧∩       ∧_∧    
                 .. ヽ(;゚Д゚)ノ     ┓(@u‡ )
                  ... |  ,|       ⊂    )
                   ___|  ,|        | | |
                    しヘJ      ._ (___,(_)



28 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:23:12 ID:yiHc1j080


そこで、私が襲っている人を殺す。これがいけないことかい?」




            _                         ∧_∧  なんだと
          / _、_l          ∧∧           (@u‡ )
          (---/)         (゚Д゚;)       ..  ∩,,,,,,,,,,,,,,∩
       ー十⊂zくy/__>        /   |           .. ,,,,,,,,,,,,,,,
           ゚|_:ll_ヽ      ..〜(OUUつ          ..| | |
            _ll _ll `                        (___,(_)



29 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:23:46 ID:yiHc1j080


「さぁ」
男はお茶を飲みました
スカーフの男は少し笑いました
                           ┌─┐
                           │┗│
                           └─┘
                          

      /V\       ∧ ∧       
     (,,・−・)  ̄\ (´ー` ) ヽ△    
     (  つ □   \(||§|| )  ヽ目  
    .. (   / ̄       ̄ ̄l ̄ ̄\ ̄▼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
    ━┳∪/          (-∞--) ┴        .
    __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..<   > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  _━┳━  .\        .. /_l_ヽ._十       
_    ┻     |  ━┳━   ━┳━..`.│       
           ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



30 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:24:30 ID:yiHc1j080


それから二人は
他愛もない話を続けました

                           ┌─┐
                           │┓│
                           └─┘
                          
          /
      /V\ ー    ∧ ∧       
     (,,・∀・)\..\ (   ..) ヽ△    
     (  つ □   \(   ..)  ヽ目  
    .. (   / ̄      \ ̄l ̄ ̄\ ̄▼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
    ━┳∪/       ー _(-∞--) .┴        .
    __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..<   > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
  _━┳━  .\        .. /_l_ヽ._十       
_    ┻     |  ━┳━   ━┳━..`.│       
           ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



31 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:25:22 ID:yiHc1j080


スカーフの男は時計を見て
「おっと喋りすぎたかな」
「では、これで」
男はカップを置き、立ち上がりました
そして、出口に行こうとしたら、呼び止められました

                                           ┌─┐
                                           │┓│
                                           └─┘
                          

                               ∧ ∧ オシハライドウサレマス?      
     ./V\              / ̄ ̄\ (´ー` ) ヽ△    
    (,, ・−)             / □..   \(||§|| )  ヽ目  
    (  £.)        .. ..   /... ̄      ̄ l ̄ ̄\ ̄▼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
     Y  人        ━┳━./          (-∞--) ┴        .
    ..(_」 J    _   __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..<   > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
              _ ━┳━  .\        .. /_l_ヽ._十  ワタシガオゴルサ     
             _    ┻     |  ━┳━   ━┳━..`.│       
                        ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



32 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:25:53 ID:yiHc1j080

「いいかい、考えるんだ。善悪よりも、結果をね」
「はい」
男は微笑み
薄暗いホテルのバーから出て行きました

                                       ┌─┐
                                       │┓│
                                       └─┘

                          ∧ ∧ アリガトウゴザイマシタ      
                 _/ ̄ ̄\ (´ー` ) ヽ△    
                 / □..   \(||§|| )  ヽ目  
            .. ..   /... ̄      ̄ l ̄ ̄\ ̄▼ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
            ━┳━./         _(-∞--) .┴        .
    ..    _   __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..<   > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
          ━┳━  .\        .. /_l_ヽ._十       
    ..   _    ┻     |  ━┳━   ━┳━..`.│       
            ..      ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



33 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:26:26 ID:yiHc1j080
10

黒髪の男はスカーフを取って自分のグラスを傾けると
代金を置いて

                                       ┌─┐
                                       │┓│
                                       └─┘

                          ∧ ∧ ・・・ドウモ      
                 _/ ̄ ̄\ ( ´ー`) ヽ△    
                 / □..   \( ||§||)  ヽ目  
            .. ..   /... ̄  ゜。  ̄ l ̄ ̄\ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
            ━┳━./    ゜ 。゜ _(   ,,) ..┴        .
    ..    _   __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..<   > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
          ━┳━  .\        .. /_l_ヽ._十 カンジョウダ      
    ..   _    ┻     |  ━┳━   ━┳━..`.│       
            ..      ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄  



34 :( ´∀`)さん:2005/12/19(月) 16:27:53 ID:yiHc1j080
11
ゆっくりと立ち上がり

                                       ┌─┐
                                       │┓│
                                       └─┘

                          ∧ ∧ ・・・オキヲツケテ      
                 _/ ̄ ̄\ ( ´ー`) ヽ△    
                 / □..   \( ||§||)  ヽ目  
            .. ..   /... ̄  ゜。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
            ━┳━./    ゜ 。゜        .┴        .
    ..    _   __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
       ...  ━┳━  .\        .         __      
    .....   _   ┻   ... |  ━┳━   ━┳━. _/_、_ l     
            ..      ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄.( <_,`#,,) ̄ ̄ ̄  
                                .<$くy/__>         ・・・オマエモナー
                                 ゚|__:ll_ヽ
                ソレワタシノセリフデスヨ・・・    .. _ll _ll `



35 : ◆SNoL1xRt7A :2005/12/19(月) 16:29:19 ID:yiHc1j080
12

そのバーから出て行きました

                                       ┌─┐
                                       │┓│
                                       └─┘

                         ∧ ∧   ・・・アリガトウゴザイマシタ    
                 _/ ̄ ̄\ (´ー` ) ヽ△    
                 / □..   \(||§|| )  ヽ目  
            .. ..   /... ̄  ゜。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
            ━┳━./    ゜ 。゜        .┴        .
    ..    _   __┻ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
      ...    ━┳━ .\        .               
    ..   _...    ┻    ..|  ━┳━   ━┳━.      
            ..  ...   ̄ ̄ .┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  



・・・end




36 : ◆kTxKwqhJTA :2005/12/19(月) 21:36:30 ID:S2TYU13t0
(・∀・)イイ!

37 : ◆SNoL1xRt7A :2005/12/21(水) 17:45:47 ID:wcvZuQR+0
とりあえず製作中です。
万に一つも見てくださってる方いましたら申し訳ありません
なんとかやっていきますので・・・
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(他の作品も見たい今日この頃・・・  )
                ( ・−・)  \______________/    
                (つ旦と)    
               と_)_)   


38 : ◆SNoL1xRt7A :2005/12/24(土) 12:18:11 ID:lAgVG7va0
注意書きさせてもらうと、話でAAの性格付けをしてるところも
ありますが、あくまでこのスレだけなのであしからず
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(次作からトリが◆SNoL1xRt7Aから )
                ( ・−・) ..(◆Scine.nPyEに変わります     ..)    
                (つ旦と)  \______________/  
               と_)_)   

・・・・なんでこう後になって注意書き追加するかな・・・

39 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:10:36 ID:lAgVG7va0



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              「描かれる。それは幸せなことさ」     
________________________________









40 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:11:35 ID:lAgVG7va0


絵画に描かれた、鮮明な天使は言いました
「年老い、死すら迎えに来ても、絵では生き続ける」
「なるほど」
男は、小さな美術館で、その絵を見ていました

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┌──────────────────┐┃  
┃│           (\            .._│┃
┃│            \\\__         _│┃タタエロゴルァ
┃│            (\\\\       __.│┃ 
┃│            (\\\\\      _.│┃
┃│             \\ |||     .._│┃
┃│ ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ||     .. │┃
┃│   ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\ ∧ ∧    ....│┃
┃│       ̄(//// ̄\\( ゚Д゚)    __.│┃
┃│         (/(/// ̄(つ つ   .. │┃
┃│             (/(/|   /    _.│┃
┃│              (/((/ ∧|   _ │┃
┃│                 ∪  ∪    ...│┃
┃└‐_/V\_.──────────―───┘┃
┗━_(,, ・−)_━━━━━━━━━━━━━━━┛
..Ω (     )     .Ω         _Ω         _Ω
 ||∽| | |∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||
 ||  (__)_)     ....||           .....||          _.||

       ハァ・・・



41 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:12:35 ID:lAgVG7va0


「幸せだね。私は」
「そうですか?」
「ああ。絵である限りいき続けるのだから」
天使は胸を張って
「むしろ、こちらのほうが美しいとも思うね」
「はぁ」
「醜く生きるより、このようにいることがね」
「そうですか」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┌──────────────────┐┃  
┃│           (\            .._│┃
┃│            \\\__         _│┃
┃│            (\\\\       __.│┃ 
┃│            (\\\\\      _.│┃
┃│             \\ |||     .._│┃
┃│ ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ||     .. │┃
┃│   ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\ ∧ ∧    ....│┃
┃│       ̄(//// ̄\\( ゚Д゚)=3  __│┃
┃│         (/(/// ̄(つ つ   .. │┃
┃│             (/(/|   /    _.│┃ムッハー
┃│              (/((/ ∧|   _ │┃
┃│                 ∪  ∪    ...│┃
┃└‐_/V\_.──────────―───┘┃
┗━_(,, ・−)_━━━━━━━━━━━━━━━┛
..Ω (     )     .Ω         _Ω         _Ω
 ||∽| | |∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||
 ||  (__)_)     ....||           .....||          _.||

       サイデスカ



42 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:13:28 ID:lAgVG7va0


男はぶらぶら歩いて
「では、もう描かれる前は未練はないと?」
「そうだね。こちらのほうが、大切にもされるしね」
「はぁ」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┌──────────────────┐┃  
┃│           (\            .._│┃
┃│            \\\__         _│┃
┃│            (\\\\       __.│┃ 
┃│            (\\\\\      _.│┃
┃│             \\ |||     .._│┃
┃│ ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ||     .. │┃
┃│   ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\ ∧ ∧    ....│┃
┃│       ̄(//// ̄\\( ゚Д゚)    __.│┃
┃│         (/(/// ̄(つ つ   .. │┃
┃│             (/(/|   /    _.│┃
┃│              (/((/ ∧|   _ │┃
┃│                 ∪  ∪    ...│┃
┃└──────────────────┘┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
..Ω         ..Ω         _Ω         _Ω   ./V\
 ||∽∽∽∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||   (−・ ,,)
 ||           ...||           .....||          _.||  ..(£   )
                                      人  Y
                                     ..し l_)



43 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:14:15 ID:lAgVG7va0

すると、2人の男達が絵を運びに行きました
「どこにいくんですか?」
「保存されるのさ。丁寧にね」
「そうですか」
男は、天使が運ばれるのを見送りました

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃┌──────────────────┐┃  
 ┃│           (\            .._│┃
 ┃│            \\\__         _│┃ギコハハハ
 ┃│            (\\\\       __.│┃ 
 ┃│            (\\\\\      _.│┃
 ┃│             \\ |||     .._│┃    Ω         _Ω         _Ω
 ┃│ ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ||     .. │┃∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||∽∽∽∽∽∽∽||
 ┃│   ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\ ∧ ∧    ....│┃   .....||           .....||          _.||
 ┃│       ̄(//// ̄\\( ゚Д゚)    __.│┃
 ┃│         (/(/// ̄(つ つ   .. │┃    キヲツケロヨ      /V\
 ┃│             (/(/|   /    _.│┃              ..(・−・,,)
--l二二l            ..(/((/ ∧|   _ _十l二二二l           ( £  )
 (´∀`;)             . ∪  ∪    ___│(・∀・;)           | | |
 (    ヽ―───────────────‐/    )           (_(__)
  Y  人 ヽ⊃.━━━━━━━━━━━━━━⊂/    )
  (_」 J                        (_」 J
オマエモナー



44 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:14:58 ID:lAgVG7va0

その夜、男はその美術館の館長と食事をしました
「しかし、ようやく片付いたよ」
「なにがですか?」
「美術館さ。いらない絵を処分して、すっきりしたのさ」
「そうですか」

              ショクゴノニラチャデス
          ∩_∩    _______________
            ( ´ー)  /                  ...../|
          /   つ../∬                 ∬ /V\
        0(  ⌒)/ _旦                  旦_.(−・ ,,)     
           ../                        ./∪£∪)  
              /______________/ (_(__)
          | ̄|                  | |        ドモ
           ̄                   ̄     


45 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:15:35 ID:lAgVG7va0

「特にあの天使の絵・・・今はあの画家は、評判が落ちているからね」
「そうですか」



          ∩_∩    _______________
            ( ´ー)  /                  ...../|
          /   つ../∬                    /V\
        0(  ⌒)/ _旦                  _  (−・ ,,)     
           ../                        ./つ旦と)  
              /______________/ (_(__)
          | ̄|                  | |        
           ̄                   ̄     


46 :( ´∀`)さん:2005/12/24(土) 19:16:06 ID:lAgVG7va0

「それより、どうだい、この絵は?」
館長は、部屋にかかっている絵を見て言いました



          ∩_∩    _______________
            (´ー`)  /                  ...../|
          /   つ../∬                    /V\
        0(  ⌒)/ _旦                  _  (・−・,,)     
           ../                        ./つ□と)  
              /______________/ (_(__)
          | ̄|                  | |        
           ̄                   ̄     


47 : ◆Scine.nPyE :2005/12/24(土) 19:16:43 ID:lAgVG7va0

「はぁ。綺麗ですね」
そう言って、微笑みました



             ┏━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃┌───────────┐┃
             ┃│ ミ ̄ ̄\⊂⊃/ ̄ ̄彡__│┃
             ┃│ """"" ∧_∧.""""" ....│┃
             ┃│ミ ̄ ̄ ̄( ・∀・ ) ̄ ̄ ̄彡.l_┃
             ┃│ """/⊂  †  ⊃\""" .│┃
             ┃│   |  ミ | │ | ミ |   ..│┃
             ┃│   | ミ (_||_) ミ .|  .....│┃
             ┃│   彡"      "ミ  __.│┃
             ┃└───────────┘┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━┛
・・・end




48 :( ´∀`)さん:2005/12/26(月) 23:48:21 ID:efQK3/CR0
面白い

49 : ◆Scine.nPyE :2005/12/28(水) 21:05:25 ID:4XOLJNt90
今年は年末までに一つ投下して終了すると思います
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(しかしまさか見てる方がいるとは )
                (;・−・) .. \_____________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) ペースオソクテモウシワケナイ  
                    

50 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:08:18 ID:WX/OaRL50





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    「違う」
________________________________





51 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:09:03 ID:WX/OaRL50


水晶の輝く杖をついた、老人は言いました
「子どもは無邪気で、純粋である。それは違わない」
「はぁ」
「だが、それが純真だとはかぎらないんだ」
老人は、言葉を選ぶように考えて
                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
          /V\       ,,,,,,,        λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,    (,, ・−)              ξ(Aヽ  )             
          (   £)             ....と   ... )   ______。__
          | | |               ‖| | |   (◎)三三三三三三)
          (__)_),,,,,,,,,,,,,,,,         ...‖(_(__)

             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


52 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:09:49 ID:WX/OaRL50

「無邪気さ、純粋さは、とても酷なものなのだよ」      
「そうですか」                           
「純粋故に、恐れを知らない。それはとても恐ろしいんだ」
「そうですか」                           





      
           キョウコソハギャクサツスルヨ       ..∧_∧
        ∧∧                   (,, -∀)
       (,,゚ -)                   (    )  ハイハイ、ワロスワロス
       (  つ                  ..人 ヽノ
      〜|  |                  . し(__)
          (ノ`J




53 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:10:25 ID:WX/OaRL50

男は、淡い光を放つ水晶を眺めて
「でも、恐れを知らないのは強さじゃないんですか?」
「一方ではね」
老人は少し首を傾けて
            
            .__
           //\\
         ..//  ...\\
         .l\l ̄ ̄ ̄ l/l
        . l l ̄ ̄ ̄....l _l
        . l l     ..l _l
        . l l     ..l _l
        . l l     ..l _l
        . l l     ..l _l
        . l l     ..l _l
         .l\l_____l/l
         ..\l_____l../
           \   /
            .l\/l
            .l  ...l
            .l  ...l
       ,,.,.,.,.,.,,,.,.,.l..,,,.,.,..l.,.,,,.,.,.,.,.,,,.,.,.,.,.,         
     、:´
     ,':.:..:. .   
    ';:.:.:.:..
     ';::.:.:.:. . 
     ';:::.::.:.  
     '':;,:.:,,.,.,.,.,.,,,.,.,..,,,.,.,...,.,,,.,.,.,.,.,,,.,.,.,.,.,..,.,.,.,,,.,.,.
       


54 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:11:14 ID:WX/OaRL50

「だが、人を傷つける恐れも知らない。とても怖いものだよ」
「はぁ」
「しかも、傷つける事を気づかない・・・これほど怖い事はないよ」
「そうですか」



                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
          /V\       ,,,,,,,        λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,    (,, ・−)              ξ(Aヽ  )          
          (   £)             ....と   ... )   ______。__
          | | |               ‖| | |   (◎)三三三三三三)
          (__)_),,,,,,,,,,,,,,,,         ...‖(_(__)
     
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


55 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:11:48 ID:WX/OaRL50

そして二人は少し雑談していました


                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
          /V\ /      ,,,,,,,     \   λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,    (,, ・∀)ー             ― ξ(Aヽ  )          
          (   £)\             /....と   ... )   ______。__
          | | |                  ‖| | |   (◎)三三三三三三)
          (__)_),,,,,,,,,,,,,,,,            ...‖(_(__)
     
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


56 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:12:50 ID:WX/OaRL50

男は、老人にお辞儀をして
「そろそろボクは行きますね」
「そうかい」
老人は目を細めて
「子どものままでいい。だけど、人の心を知りなさい」
「わかりました」




                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                     ,,,,,,,          λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,                         ξ(ノAヽ )          
                            ....  と   ... )   ______。__
                               ‖.| | |   (◎)三三三三三三)
                ,,,,,,,,,,,,,,,,       ......  ‖(_(__)コンドオチャデモゴチソウスルノーネ
      
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ./V\
  (,, ・−)
  (£   )
    Y  人 
   (_」 J キタイシテマス


57 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:20:02 ID:WX/OaRL50


男は礼をすると
水晶がところどころにある森から出て行きました



         +
                            +
                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                     ,,,,,,,          λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,                         ξ(ノAヽ )          
                             .... と   ... )   ______。__
                               ‖.| | |   (◎)三三三三三三)
                ,,,,,,,,,,,,,,,,       ......  ‖(_(__)
      +
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                +


58 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:21:43 ID:WX/OaRL50


老人はその後姿を見送った後


         +
                            +
                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                     ,,,,,,,          λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,                         ξ(ノーヽ )          
                             .... と   ... )   ______。__
                               ‖.| | |   (◎)三三三三三三)
                ,,,,,,,,,,,,,,,,       ......  ‖(_(__)
      +
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                +


59 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:22:53 ID:WX/OaRL50
10

うつらうつら、眠りかけました



         +                              ○
                             +            ゜ 。
                                            。,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                     ,,,,,,,                    .. ξ λ_λ
  ,,,,,,,,,,,,,,                                      ...‖(ノーヽ )    
                            ....            _  と ... ... )。__
                                         (◎三‖(_(__)三)
                ,,,,,,,,,,,,,,,,       ...... 
      +
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                +

・・・end

60 : ◆Scine.nPyE :2005/12/31(土) 18:24:40 ID:WX/OaRL50
今年は終了です。皆様よいお年を・・・
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(次回作は一風変わったものを・・・..)
                ( ・−・) .. \_____________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) ペースオソクテモウシワケナイ  


61 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:26:18 ID:qA7piXbT0


62 :( ´∀`)さん:2005/12/31(土) 18:33:54 ID:bTZMq/+C0
おつ

63 :( ´∀`)さん:2006/01/01(日) 01:18:41 ID:8wKifr7V0
あけましておめでとう

64 :( ´∀`)さん:2006/01/01(日) 01:45:33 ID:6VMK+UwF0
す、素晴らしい!神の降臨ってこういうことか・・・

65 :( ´∀`)さん:2006/01/01(日) 01:56:41 ID:jlESwIYv0
乙です。
釈然としない茫然とするような不思議な話ですね

66 :( ´∀`)さん:2006/01/02(月) 16:08:36 ID:7MeW8jMx0
また例の見ない良スレと出会ってしまったよ・・・。
オレもいつか作品投下していいですか?

67 : ◆Scine.nPyE :2006/01/02(月) 18:13:56 ID:c40DQ+150
いつのまにかもったいなすぎるレスが・・・
>>66
もちろんどうぞ。もともとそういう趣旨のスレですし
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(次のはAAメインの話です     ..)
                (*・−・) .. \_____________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) ウワアアアアア 

68 :( ´∀`)さん:2006/01/02(月) 20:06:40 ID:7MeW8jMx0
>>67
ありがとうございます。
まぁいたらないAAしかつくれないんですけどね・・・。


69 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 01:33:17 ID:P5n8+NeL0
>>◆Scine.nPyE
ペース全然遅くないですよ!どうぞマイペースで作ってください
>>66
+激しくおk+

70 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 01:58:43 ID:QxC2x2EM0





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    「あっ」
________________________________


71 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:00:03 ID:QxC2x2EM0
  何気なく歩いていた男に一人の少女が目に入った。


       /V\ て            ___________
      (  ・−・)             |三三三三∩_∩三三三三|
      (  £ )             |三三三三(*゚ー゚)三三三三|
       人  Y              |三三三三|つ と|三三三三|
       しγ__)              |\     ゝつ つ       \
                      .  ‖ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                     .     |                 |

72 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:01:03 ID:QxC2x2EM0
   男は遠くを見つめていた少女に声をかける。
   「ここでなにをしてるんだい?」
   「おとうさんをまってるの」
   「おとうさん?」
   女の子は男の顔を見て
   「そう、私のお父さんは軍人さんでね、ずっと前にお国のために戦いにに行ったの。」
   「そうなんだ。そのお父さんは今どうしてるの?」
   「わかんない…。でも、お母さんが言ってた、お父さんは必ず帰ってくるって。だからまってるの。」
   そういったっきり、女の子はまた遠くを見つめた。ずっと、ずっと。


                   ___________
                   |三三三三∩_∩三三三三|
                   |三三三三(゚ー゚*)三三三三|
                   |三三三三|つ と|三三三三|
             /V\  |\     ゝつ つ       \
            (  ・−・)‖ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            (   £)   |                 |
            | | |
            (___)_)

73 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:02:14 ID:QxC2x2EM0
男にはわかっていた。
その戦争はもう終わっているにもかかわらず
なぜいまだに父が帰ってこないかを。

           /V\
          (  ・−・)
          (   £)
           人  Y
           しγ_)

74 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:03:03 ID:QxC2x2EM0




―無邪気さ、純粋さは、とても酷なものなのだよ―






75 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:04:03 ID:QxC2x2EM0
男にはあの老人が言ったこの言葉が頭に浮かんだ。
あの老人は「恐れを知らないことは恐ろしいこと」
と言った。それに加え、男は
「悲しみを知らないことは悲しいこと」
とも思った。

           /V\
          (  ・−・)
          (   £)
           人  Y
           しγ_)

76 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:05:03 ID:QxC2x2EM0
男は、あの子に幸せになってほしいということを
願わずに入られなかった。

           /V\
          (  -−-)
          (   £)
           人  Y
           しγ_)


                   ―糸冬―

77 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/01/03(火) 02:06:59 ID:QxC2x2EM0
んもうすいません!番号書くの忘れてましたOTL
投下していいですかって言った次の日に投下したらこれですよ…。
ゴメンナサイ・・・。

78 : ◆kTxKwqhJTA :2006/01/03(火) 03:40:13 ID:gP92JOGV0
       
        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ. 良 ス レ │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛

79 : ◆Scine.nPyE :2006/01/03(火) 14:17:56 ID:Cwv01tEp0
>>疾風氏
イイ話乙でした。自分の前の話が少し引き継がれていて嬉しい限りです
一途に待ち続ける女の子に感動しました
形式は自由なので番号あろうがなかろうか構いません
・・・さて、自分もそろそろ投下しようか
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(そろそろコテつけたいなぁ    ..)
                ( ・−・) . \_____________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) ツケテモイイ? 



80 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:15:27 ID:Cwv01tEp0



            λw∩  
           (゜−・,,)
           (    ) 注意・・・・
           ヽγ /
           ..(___ノJ ))   ア ワタシノコトハ キニシナイデ
          ゜
        。゜
       ○
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
今回の話はAAメインでございます。
よって、登場AAの世界観を知っていないとついていけない部分もあり
今までのふいんき(ryのみを楽しみたいという方にはあまり向きません

                                      


81 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:16:22 ID:Cwv01tEp0

                                        
  
                                        ミヾ ;; ″;;ミ;;ヾヾ ;; ″ミ ;;ミ
                      ,,,,,,,,,,,,,,,              ミ;; ;; ミヾ ;; ″ヾ ;; ″;;ミ
 ,,,,,,,,,  ..  ________                      ;;ヾ;;ミY;;ヾ //;;ミ/″;;ミ
       │           │                       ヾ!;;l;;::lilii|
        、―─────‐┘、 ,,,,,,                    .|;;l;;::|liii|
      __│..┌───‐───┐      vvvvvvvvvvv。vvvv     ,|;;|;l;;::i|ii|
_   _   │  ,,,,,    ,,,,,,,,│   _   _   _   _   _   _   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        /V\ 〜♪ 
                                       (・−・,,)
                                       ..( £ )
                                       ヽγ /
                                       ..(___ノJ   ))



____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                                 ,,,,,,,。,,,
            ,,,,v,,,,,,,,,,        ,,,,,,,
                                ,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,,,,,       


82 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:17:58 ID:Cwv01tEp0


                                        
  
                                        ミヾ ;; ″;;ミ;;ヾヾ ;; ″ミ ;;ミ
                      ,,,,,,,,,,,,,,,              ミ;; ;; ミヾ ;; ″ヾ ;; ″;;ミ
 ,,,,,,,,,  ..  ________                      ;;ヾ;;ミY;;ヾ //;;ミ/″;;ミ
       │           │                       ヾ!;;l;;::lilii|
        、―─────‐┘、 ,,,,,,                    .|;;l;;::|liii|
      __│..┌───‐───┐      vvvvvvvvvvv。vvvv     ,|;;|;l;;::i|ii|
_   _   │  ,,,,,    ,,,,,,,,│   _   _   _   _   _   _   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       
                        /V\  /
                        (・  ,,) ―
                        (    ) \
                        | | |   
                        (__)_)   



____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                                 ,,,,,,,。,,,
            ,,,,v,,,,,,,,,,        ,,,,,,,
                                ,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,,,,,       


83 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:18:41 ID:Cwv01tEp0



                                        
  
                                        ミヾ ;; ″;;ミ;;ヾヾ ;; ″ミ ;;ミ
                      ,,,,,,,,,,,,,,,              ミ;; ;; ミヾ ;; ″ヾ ;; ″;;ミ
 ,,,,,,,,,  ..  ___/V\___                      ;;ヾ;;ミY;;ヾ //;;ミ/″;;ミ
       │   ..(,,・−・)=3│                       ヾ!;;l;;::lilii|
        、―─(  £ )―┘、 ,,,,,,                    .|;;l;;::|liii|
      __│..┌─┐  )  )──┐      vvvvvvvvvvv。vvvv     ,|;;|;l;;::i|ii|
_   _   │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _   _   _   _   _   _   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       








____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                                 ,,,,,,,。,,,
            ,,,,v,,,,,,,,,,        ,,,,,,,
                                ,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,,,,,       


84 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:19:15 ID:Cwv01tEp0



                                        
  
                                        ミヾ ;; ″;;ミ;;ヾヾ ;; ″ミ ;;ミ
                      ,,,,,,,,,,,,,,,              ミ;; ;; ミヾ ;; ″ヾ ;; ″;;ミ
 ,,,,,,,,,  ..  ___/V\___                      ;;ヾ;;ミY;;ヾ //;;ミ/″;;ミ
       │   ..(,, ..) .│                       ヾ!;;l;;::lilii|
        、―─(  £ ))-┘、 ,,,,,,                    .|;;l;;::|liii|
      __│..┌─┐  )  )──┐      vvvvvvvvvvv。vvvv     ,|;;|;l;;::i|ii|
_   _   │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _   _   _   _   _   _   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       








____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                                 ,,,,,,,。,,,
            ,,,,v,,,,,,,,,,        ,,,,,,,
                                ,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,,,,,       


85 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:20:02 ID:Cwv01tEp0



                                        
  
                                        ミヾ ;; ″;;ミ;;ヾヾ ;; ″ミ ;;ミ
                      ,,,,,,,,,,,,,,,              ミ;; ;; ミヾ ;; ″ヾ ;; ″;;ミ
 ,,,,,,,,,  ..  ___/V\___                      ;;ヾ;;ミY;;ヾ //;;ミ/″;;ミ
       │   ..(,,・ー・). .│                       ヾ!;;l;;::lilii|
        、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,                    .|;;l;;::|liii|
      __│..┌─┐  )  )──┐      vvvvvvvvvvv。vvvv     ,|;;|;l;;::i|ii|
_   _   │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _   _   _   _   _   _   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       








____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                                 ,,,,,,,。,,,
            ,,,,v,,,,,,,,,,        ,,,,,,,
                                ,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,,,,,       


86 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:20:35 ID:Cwv01tEp0

          (○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       
    ∧    /
   /´。 `ーァ―
   {  々 ゚l´\ 
  / っ /っ    
 /    /
 ∪^∪

____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                       ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+          


87 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:21:18 ID:Cwv01tEp0

          (○)) 
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   チョットスイマセン
                      ∧
                     /´。 `ーァ                  ナンデショウカ?
                     {  々 ゚l´ 
                    / っ /っ    
                   /    /
                 (( ∪^∪

____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+          


88 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:21:55 ID:Cwv01tEp0

          ((○) 
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   イシャハドコカ ゴゾンジナイデスカ?
                      ∧
                     /´。 `ーァ                  
                     {  々 ゚l´             サァ。コノヘンジャ ミカケマセンネ
                    / っ /っ    
                   /    /
                   ∪^∪
                      ソウデスカ
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+          


89 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:23:25 ID:Cwv01tEp0


          (○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     オチャヲカカスト ヒトハダメニナルンダ
                                   ベツニ ソコマデノモノジャ・・・
                    ∧     
                   /´。 `ーァ                        \  ∧
                  .ヽ{.. 々 ゚l ノ                        ―  (゚-;
                 (( ノ(    )ヽ ))                       / ..と;;;
                    <    >                              |;;
                                                    (/
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


90 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:25:18 ID:Cwv01tEp0
10

          (○))
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(,,・−・) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   
                      ∧        ナンデショウ
                     /´。 `ーァ               ∧,,,   チョットスイマセン
                     {  々 ゚l´                (゚-;;゚#)
                    / っ /っ                と;;;;;)
                   /    /                 . |;; ;;;〜
                   ∪^∪                  .. (/\) ))
                      
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


91 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:27:50 ID:Cwv01tEp0
11

          ((○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(,,・−・) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                           ヒガシハドコカ ゴゾンジナイデスカ?
                      ∧          ヒガシ? ホウガクデスカ?
                     /。  `ーァ               ∧,,,   
                     {  々゚..l´ ソレナラアッチデスヨ      (;;゚# )
                   ⊂    /                 ..と;;;;;)
                   /   /                   |;; ;;;〜
                   ∪^∪                   .∪∪ 
                                            イイエ ホウガクデハアリマセン
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


92 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:29:21 ID:Cwv01tEp0
12

          (○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(,,・−・) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                           ソコハ ラクエンナノデス
                      ∧                     ゴゾンジナイデスカ?
                     /´。 `ーァ  サァ キイタコトアリマセンネ ∧,,,   
                     {  々 ゚l´                (;;゚# )
                    / っ /っ                と;;;;;)
                   /    /                 . |;; ;;;〜
                   ∪^∪   ・・・              ∪∪
                                             ソウデスカ・・・・
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


93 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:29:59 ID:Cwv01tEp0
13

          (○))
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            
                      ∧        
                     /´。 `ーァ               ∧,,, て  
                     {  々 ゚l´                (゚-;;゚#) と
                    / っ /っ                と;;;;;)
                   /    /                 . |;; ;;;〜
                   ∪^∪  オジョウサン           ..∪∪
                                             ナンデショウカ?
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


94 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:30:48 ID:Cwv01tEp0
14

          ((○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ旦⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            
                      ∧        
                     /´。 `ーァ               ∧,,,   
                     {  々 ゚l´                (゚-;;゚#)
                    / っ /っ                と;;;;;)
                   /    / アナタノサガシテイルモノハ    .. |;; ;;;〜
                   ∪^∪   キット アテノナサソウナモノデショウ.∪∪
                                             ・・・・
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


95 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:31:39 ID:Cwv01tEp0
15



          (○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
                                   │         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       「けれど、諦めないで下さい。
         あなたの探しているものはきっと
           あなたの近くにあるか、もしくはあなた自身なのです」


                                              

                               「私・・・・自身?」 
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


96 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:32:41 ID:Cwv01tEp0
16



          (○))
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
                                   │         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                       そう・・・・・・・




____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


97 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:33:26 ID:Cwv01tEp0
17

          ((○)                                 ・・・・
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ□⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            
                       ∧
                      /´。ヽO_ァ            ∧,,,   
                      {  々゚ l             (゚-;;゚#) ・・・・・
                     ../<ヽ/>ヽ            .. と;;;;;)
                      |_| |: |/             .. |;; ;;;〜
                      ノ_|__| ワタシジシンガ       ∪∪
                      ∪ ∪   イシャダッタヨウニ ネ
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


98 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:34:40 ID:Cwv01tEp0
18

          (○)                                 ・・・・
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(・−・,,) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─(つ□⊂―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            
                       ∧
                      /´。ヽO_ァ               
                  ..((  {  々゚ l ))       (( <;;;;; ) ・・・アリガトウゴザイマシタ
                     ../<ヽ/>ヽ            ..ヽ)(/::)
                      |_| |: |/             .. |;; ;;;〜
                      ノ_|__|              .∪∪
                      ∪ ∪  イエイエ 
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


99 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:36:11 ID:Cwv01tEp0
19

          (○))                                 
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  ___/V\___  
                                   │   ..(,,・−・) _│
    ,,,,,,,,,,,                             、―─( £ ))‐┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌─┐  )  )──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  (_ ノ ノ,,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            
                       ∧
                      /´。ヽO_ァ                 ∧,,, 
                      {  々゚ l                  (#。 。) 
                     ../<ヽ/>ヽ                  .(つと) 
                      |_| |: |/                 〜|;;; ;;
                      ノ_|__|               ..((  (/ヽ)
                      ∪ ∪                      ヒガシハ ワタシジシン・・・
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


100 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:37:03 ID:Cwv01tEp0
20




          ((○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
                                   │         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       ∧             ./V\ ソレジャ モウイキマスネ
                      /´。ヽO_ァ         (−・ ,,)        
                      {  々゚ l          .(£   )      
                     ../<ヽ/>ヽ          | | |     
                      |_| |: |/          .(_(__)      
                      ノ_|__|              
                      ∪ ∪  ソウデウスカ                  
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


101 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:37:43 ID:Cwv01tEp0
21




          (○)
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
                                   │         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                    
      ./V\              ∧            
     ..(,, ・−)            ./´。ヽO_ァ  ワスレナイデクダサイ          
     ..(  £)      .     . {  々゚ l      ミツカリソウニ ナイモノハ      
       Y  人           ..ヽ/<ヽ/>ノ       ジブンモフクメテ サガシテミルヨウニ    
      ..(_」 J         .. (( ノノ_|__|ヽ ))               
          ワカリマシタ        <    >                      
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


102 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:38:16 ID:Cwv01tEp0
22



          (○
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
                                   │         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       ∧             
                      /´。ヽO_ァ              
                      {  々゚ l ・・・・・              
                     ../<ヽ/>ヽ             
                      |_| |: |/          
                      ノ_|__|              
                      ∪ ∪                    
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


103 :( ´∀`)さん:2006/01/03(火) 21:38:48 ID:Cwv01tEp0
23


           ○
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
                                   │         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       ∧            
                      /´。ヽO_ァ                
                      {  ー゚ l =3              
                     ../<ヽ/>ヽ ・・・・         
                      |_| |: |/             
                      ノ_|__|              
                      ∪ ∪                    
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 

・・・end

参考
ナナメ関連スレ
でぃ関連スレ


104 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/03(火) 21:40:08 ID:Cwv01tEp0
おまけ  

          
          \l/                 ,,,,,,,,,  .  _________  
            ○                    ......│         __│
    ,,,,,,,,,,,                             、―────‐―┘、 ,,,,,,
          vvvvvvvvvvvvvvvv             .│.┌────‐──┐       
_   _   _   _   _   _   _   _    │  _   ,,,,,,,,,,,│   _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     イヤーイヤーイヤー
                    ∧        _   ナニシテタンデスカ
                    /´。ヽO_ーァ  l_ `ヽ  サァ、ハヤクカエリマスヨ
                    {  々゚ l   /。´ `ヽ 〉  
                   /<ヽ/>ヽ  { _々 ゚ l     
                   l_| |:  | つと `7: /っ
                  . ノ__ヘ__|  / ̄ ̄l
                    ∪ ∪  ∪ ̄∪                            
____________________________________
 ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄    ̄
                          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                            
                                      ,,,,v,,,,,,,,,,       
             。                  
           ++           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       
+ 


105 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/03(火) 21:44:52 ID:Cwv01tEp0
今回は正直好き嫌いがわかれるタイプ
そろそろ忙しくなって一ヶ月更新も危ういペース
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(このスレも少し活気づいた?   ..)
                ( ・−・) . \_____________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) ソシテ アケマシテオメデトウ

106 :( ´∀`)さん:2006/01/04(水) 02:19:25 ID:dwRUm8D50
明けましておめでとうございます。
乙カレー
ナナメがとても渋いキャラに見えたなんて

107 :疾風 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/04(水) 02:56:44 ID:GmBWkexk0
GJです、黙音氏。
生意気ながらコテで書き込みさせていただきます。
っとおもったら、今度出そうと思ってたでぃを先に出されたOTL
俺の考えてたのよりもいい話だったのは内緒です。
今後も応援してますので。
さいごに、あけましておめでとうございます。

108 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/05(木) 17:53:11 ID:Nsk01Qjf0

>>106
自分でも驚きました
口変わるだけでかなり表情変わるな・・・
>>疾風氏
正直、スマンカッタ
もし話があれば遠慮なく投下してください
・・・トリ変えました?
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(さて次はいつになるかな・・・   ..)
                ( ・−・) . \_____________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) 

109 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 05:17:10 ID:HA9fY1/90
( >∀<)スバラシーー!!!

110 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:16:17 ID:BdX2EFay0





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   「どうかな?」
________________________________







111 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:17:19 ID:BdX2EFay0


滑稽な人形はいいました。
「君にも、探しているものはあるのかい?」
「さぁ」
「ボクはあるんだ」
人形は笑って言いました




              /V\      ▲            ...λ_λ
             (,,, ・−)     ⊂⊃   □     (`ー´ )    
             / ∪∪       ○        ⊂/   ヽ
            (,、,_,,)__,)    △  ■       ⊂_⊂_人) オチャデモノム?
                 ゼヒ          ●



112 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:18:15 ID:BdX2EFay0


「でも、なにかはわからない。場所かもしれないし、人かもしれない」
「はぁ」
「もしかしたら物かも知れない。でも探すんだ」
「そうですか」



              /V\      ▲             ...λ_λ
             (; ・−)     ⊂⊃   □      ..(`ー´*)    
             / ∪∪ SS      ○       ..⊂/   ヽ
            (,、,_,,)__,) ◇   △  ■       ⊂_⊂_人) ドウゾジャネーノ
         ドウモ・・・    ↑         ●
                 積み木




113 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:19:20 ID:BdX2EFay0


小さな男は、積み木をいじりながら
「でも、わからないのでは探せないんじゃ?」
「そんなことはないよ」
人形は愉快そうに言いました



            /V\     ▲             ...λ_λ
           ..(,, ・−)     ⊂⊃   □       (`ー´ )
           .( ∪ ⊃◇ SS    ○        .⊂/   ヽ
           ( ̄__)__)     △  ■        ⊂_⊂_人)
                           ●



114 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:20:07 ID:BdX2EFay0


「わからなくても、いくらでも探せる。自分がいればね」
「はぁ」
「探し物は、常にあるんだ。探し続けるかどうかは、その人次第さ」
「そうですか」
「そう。だから探し続ける。ずっとね」
「わかりました」




                       ∧,,,   タベルナー
                       (#゚;;-゚)
                      /;⊃;∪
                    〜(⊃´。 `ーァ   
                       {  々 ゚l´  モグモグ  
                      / っヒガシ
                     /    /
                     ∪^∪




115 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:20:55 ID:BdX2EFay0


その後、二人は和やかに話をしていました



            /V\ /   ▲          \  ...λ_λ 
           ..(,, ・∀) ―    ⊂⊃   □  ―   (`ー´*)
           .( ∪ ⊃◇  SS    ○      / .⊂/   ヽ
           ( ̄__)__)      △  ■        ⊂_⊂_人)
                            ●





116 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:21:43 ID:BdX2EFay0


男は積み木を置いて
「もういかないと」
「そう」


            /V\
           ..(,, ・−)    ▲              .λ_λ 
           .(   £)     ⊂⊃   □       (`ー´ )
       .  |l .| | | l| SS    ○        .⊂/   ヽ
           (__)_)◇   △  ■        ⊂_⊂_人)
                          ●




117 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:22:29 ID:BdX2EFay0


人形は笑って
「できれば、いつまでも探し続けて。生きている限り」
「わかりました」
男は笑うと



                                      λ_λ
                     ▲               (`ー´,,.∩
     ./V\             ⊂⊃   □        ⊂     丿 ))
    ..(, ・ー)         SS    ○           ...| | |
    ..(  £)       ◇   △  ■           .(_(__)  バイバイジャネーノ
      Y  人                ●
     ..(_」 J
           サヨナラ




118 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 15:27:41 ID:BdX2EFay0


おもちゃの箱のような家からでていきました

        ,,,,,,,,,,,
   .,,r・'゚″ ゙゙゙゙゙゙`~''==@ 
  ,r″      ○  ゙゚┐  
 .,l°        .へ  ゚L                              /|\
 |′        (ノ   ゙l                            ../  |  .\
: l゙              .|                          ../  ......|   .\
: l゙              .|                         /    ..|     \
 |              ト                       ../    ./..\     \
 .゙l、   .          .,「                       |    ./ .  ..\    ..|
  .゙'x,          .,,ぐ                        _|   ../   ..   \   |
   ゙ヘv,_     _,,v!″                         |  /         ..\ ..|
      `¨゙¨゙¨゙″                           ...|/        .     .\|
                                       ..\            /
                                 _____..\_______/_
                               ./                   /|
                             ../                   ./ _|
       λ_λ               _. /                   ./   |
    ・・・_(`ー´ )                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
      ..(    )           ...    |                  ..... | ../
      ...| | |            .    |                  ..... |/
      .(_(__)                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                              



119 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/08(日) 15:29:49 ID:BdX2EFay0
10

人形は笑って見送った後
のんびり積み気の上に腰掛けました

        ,,,,,,,,,,,
   .,,r・'゚″ ゙゙゙゙゙゙`~''==@ 
  ,r″      ○  ゙゚┐  
 .,l°        .へ  ゚L                              /|\
 |′        (ノ   ゙l                            ../  |  .\
: l゙              .|                          ../  ......|   .\
: l゙              .|                         /    ..|     \
 |              ト                       ../    ./..\     \
 .゙l、   .          .,「                       |    ./ .  ..\    ..|
  .゙'x,          .,,ぐ                        _|   ../   ..   \   |
   ゙ヘv,_     _,,v!″                         |  /         ..\ ..|
      `¨゙¨゙¨゙″                           ...|/        .     .\|
                                       ..\            /
                                 _____..\_______/_
                               ./ λ_λ             _./|
                             ../  ..(`ー´*)          _. / _|
                            /    (    )  ..       ./   |
                       ...    | ̄ ̄ ̄ ̄( ( (. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
                       ...    |  ..(( (_(__)        ... | ../
                       ...    |                  ..... |/
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

・・・end


120 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/08(日) 15:31:33 ID:BdX2EFay0
これにて終了。
前回の話とかぶってる気はするが、気にしたらいけない
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
         ○
          。
           ゜          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /V\ 。o(もう今月かけないかも ..)
                (;・−・) . \_________/  
                (つ旦と)    
               と_)_) コレタラカクケド
                        ホカノカタモヨロシク

121 :( ´∀`)さん:2006/01/08(日) 22:43:07 ID:zA9nTKQ50
   お、やっと良スレにたどり着いた。   
   このスレはいいですねぇ。
     ___ 
     ⊥_ _|____   ズリズリ
    (ー´ \_|D‖)   ズリズリ
    ⊂_″A⊂ | ̄ )√|⊃  ズリズリ 


122 :( ´∀`)さん:2006/01/10(火) 19:28:32 ID:ZR89uJt30
乙。
ところで£は何を表しているんだ?

123 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/11(水) 16:29:31 ID:EYJWmXGK0
>>122 
特に決めてないのでそれぞれの解釈にまかせます
ペンダントでも服の柄でも刺青でも・・・


124 :( ´∀`)さん:2006/01/13(金) 00:07:32 ID:Ov1DPgu/0
GJ!!
黙音氏、疾風氏(・∀・)イイ!
素晴らしいAA長編をありがとう!
・・・・・感想うまく書けなくてスマソ(TДT)<モレニハ文才ノブノジモアリマセン…

125 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/14(土) 20:13:47 ID:dxWC01I00
>>124
まだ長編と呼べる代物じゃございません
日々精進・・・

というわけで、明日から18まで所用の為いません
・・・・・orz
終われば一本投下します

126 :( ´∀`)さん:2006/01/17(火) 15:02:54 ID:Bq+jV3Rk0
保守

127 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:01:40 ID:VQj/IvG70





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  「よくわからない」
________________________________







128 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:05:01 ID:XYkepp1k0


眠そうな男の子は言いました
「時は流れる。当たり前なんだ。それをどうして止めたりしたい?」
「さぁ」
「時間なんか戻りはしない。なのにそれを求めても仕方ないんだ」




 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,  ,./V\,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ",","(,, ・−)"   ,,"" "",,  " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",      、,(   £), ::.. ..::  ,,"",,",",",",",(〜゚*,,) " ",," , "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",",",人  Y"  "",,  ,,"",,",",","((∩ ⌒丶  , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,   (,_,ヽ,,_,)""   """"        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""""""""   """   ""","," " ",,"  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""""""""   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"     ""   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , "," ,  ",,"",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 


129 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:05:35 ID:XYkepp1k0


男の子は、ため息をついて
「過ぎ去った時間は、帰ってこないのさ」
「そうですね」
男は、緑の草原に寝転ぶと
「でも、時間を自由に動かせたら、すごいのでは?」
「わかっちゃいない」

 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,   ,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",    , "," , :..:.wWw.::.. ..::  ,,"",,",",",",",(〜゚*,,) " ",," , "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",","," ,○  /V\  ",,"",,",","," ,⊂ ⌒丶  , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,   ,と⌒⌒つ ,,・−)つ,        , (_入_ノ ベイシュデモ ノマレマス?,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""""""""   """   "" オチャナイデスカ  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""""""""   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"     ""   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , "," ,  ",,"",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 


130 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:06:13 ID:VQj/IvG70


男の子は首をふって
「そんなことをしたら時間が、めちゃくちゃになってしまう」
「はぁ」





    __,,,,,,,,_  タイムマシンデ                 
    ((=゚Д゚=O オトトイノバンメシヲタシカメル!     ∧ ∧
    (O(∇)ノ                    (゚Д゚;) ̄ ̄ ̄`〜
    (_)_)                     U U  ̄ ̄UU
                                ツカイカタセコイナ




131 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:06:43 ID:VQj/IvG70


「時間は、全ての生き物に等しくあるんだ。人が扱うものではない」
「そうですね」
「それをどうして操りたいのか・・・」
男の子は苦々しい表情になって
「欲が深いね、人は」
「そうですね」


 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,   ,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",    , "," , :..:.wWw.::.. ..::  ,,"",,",",",",",(〜‐*) " ",," , "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",","," ,○  /V\  ",,"",,",","," ,⊂ ⌒丶  , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,   ,と⌒⌒つ ,,・−)つ,        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""""""""   """   "" ,,,  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""""""""   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"     ""   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , "," ,  ",,"",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 


132 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:07:33 ID:XYkepp1k0


それから二人は、楽しそうに喋りしました


 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,   ,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, "\ ..∧_∧  ""   """     """"。r-‐‐''" 
",    , "," , :..:.wWw.::.. ..::/  ,,"",,",",―(〜゚*,,) " ",," , "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",","," ,○  /V\ ―"",,",","," ,⊂ ⌒丶  , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,   ,と⌒⌒つ ,,・∀)つ,        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""""""""   """   "" ,,,  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""""""""   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"     ""   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , "," ,  ",,"",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 


133 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:08:09 ID:VQj/IvG70


男は伸びをして立ち上がり、軽く草をはらって
「もういかないと」
「そう」



 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,  ,.,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ",",""/V\  "",, "" "",,  " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",      、,.(,, ・−), ::.. ..::  ,,"",,",",",",",(〜゚*,,) " ",," , "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",",..( ∪∪ ミ  "",,  ,,"",,",","  と ⌒丶  , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,   (__)_)""   """"        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""""""""   """   ""","," " ",,"  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  " " ","," " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""""""""   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"     ""   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , "," ,  ",,"",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 


134 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:08:42 ID:VQj/IvG70


男の子は縋るような目つきになって
「頼むから、後悔はするな。見てるだけで情けなくなる」
「わかりました」


 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,  ,.,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ",","""""""  "",, "" "",,  " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",      、,.,",,"",,"," ::.. ..::  ,,"",,",",",((∩゚〜゚*) "ジャアネ,, "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",",. "",, " ,,"",, "",,  ,,"",,","," 丶と⌒丶    , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,  ",,",","," ""   """"        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
"""../V\  """   ""","," " ",,"  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  (,, ・−)" " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
"""(  £.)   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"   Y  人  """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , ",(_」 J" ,",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 
       マタイツカ


135 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 00:09:20 ID:VQj/IvG70


男は微笑むと
心地よい風が吹く草原から去っていきました



 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,  ,.,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ",","""""""  "",, "" "",,  " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",      、,.,",,"",,"," ::.. ..::  ,,"",,",",",  (゚〜゚*) """",, "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",",. "",, " ,,"",, "",,  ,,"",,",","  と⌒丶    , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,  ",,",","," ""   """"        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""".," " ",.  """   ""","," " ",,"  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  "  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""" ," " ",,"   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"   " " ",,"   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , " , ,  ,   " ,",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 


136 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/19(木) 00:12:10 ID:VQj/IvG70
10

男の子はまた、ため息をつくと
草原に思い切り寝転びました



 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,  ,.,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ",","""""""  "",, "" "",,  " "",::∧_∧:: """   """     """"。r-‐‐''" 
",      、,.,",,"",,"," ::.. ..::  ,,"",,",",", ::(‐〜‐*∩:: """",, "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",",. "",, " ,,"",, "",,  ,,"",,",","::⊂   (::    , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,  ",,",","," ""   """"       ,  :ヽ∩ つ::"",,",",,"",,",",",,   ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
""".," " ",.  """   ""","," " ",,"  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  "  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
""" ," " ",,"   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"   " " ",,"   """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , " , ,  ,   " ,",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 
     
・・・end



137 :( ´∀`)さん:2006/01/19(木) 10:21:19 ID:ke9gcYKu0
GJ!素晴らしいです!

138 :( ´∀`)さん:2006/01/25(水) 00:16:22 ID:+KLJF0jf0
良スレだあああーーーー!!
保守だあああーーーー!!

139 : ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:07:54 ID:gg93LTIq0



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            「まったく、いやんなっちゃうよ。」
________________________________








140 :疾風2/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:09:15 ID:gg93LTIq0
そのフサギコは言った。
「いつもいつも包丁を持って追いかけてくるんですよ!?こっちはたまったもんじゃありませんよ!」
フサギコはなお叫ぶ。
このフサギコとはさっき知り合ったばかりだが、かなり苦労してるようだ。


   /V\      ∧,,∧
  (  ・−・)    ミ゚Д゚,,彡
  (    £)    どミ  ミ)
   |  | |      ミ  ミ〜
  (__)__)     じ`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


141 :疾風3/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:10:03 ID:gg93LTIq0
「なるほど。つらそうですね・・・。」
いいながら男は考えていた。
「じゃあ、何で今まで一緒に暮らしてきたんですか?」
フサギコはそれをきいたとたん、顔をあからめた。
「・・・・・んですよ。」
「え?」


   /V\      ∧,,∧
  (  ・−・)    ミ*-Д彡
  (    £)    (ミ  ミ)
   |  | |      ミ  ミ〜
  (__)__)     じ`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


142 :疾風4/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:11:03 ID:gg93LTIq0
「すきなんですよ!今の家族、今の暮らしが!」
そうさけんで、更に顔を赤くするフサギコ。
「・・・ほう。」


   /V\      ∧,,∧
  (  ・−・)    ミД<*彡
  (    £)    (ミ  ミ)
   |  | |      ミ  ミ〜
  (__)__)     じ`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


143 :疾風5/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:12:03 ID:gg93LTIq0
「確かにいろいろひどいこともされるけどさ、俺はつーちゃんもフーもだいすきだからさ・・・。」
「・・・そうでしょうねw」
「そうでしょうねって?」
「フフ、アナタが家族を愛しているのは体から感じます。きっと、アナタはすばらしい人たちにかこまれているんですね。」
「いやぁ・・・。」


   /V\      ∧,,∧
  (  ・ー・)    ミ゚Д゚,,彡
  (    £)    (ミ  ミ)
   |  | |      ミ  ミ〜
  (__)__)     じ`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


144 :疾風6/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:13:03 ID:gg93LTIq0
それから二人はいろんなことを語り合った。


      //  \ヽ
   /V\      ∧,,∧
  (  ・∀・)    ミ゚Д゚,,彡
  (    £)    (ミ  ミ)
   |  | |      ミ  ミ〜
  (__)__)     じ`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


145 :疾風7/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:14:03 ID:gg93LTIq0
「あ、もうそろそろ行かないと。」
フサギコは残念そうに言う。
「なんだか、あなたに会えてよかったって気がします。」
「わたしもですよ。」
「では、またあうひまで。」


      
   /V\      ∧,,∧
  (  ・−・)    ミ゚Д゚,,彡
  (    £)    (ミ  ミ)
   |  | |      ミ  ミ〜
  (__)__)     じ`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


146 :疾風8/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:15:03 ID:gg93LTIq0

   ♪
∧ ノ
゚,,彡            /V\      
ミづ           (・−・ )   
ミ             (£   )    
              | | |
             (__)_)    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


147 :疾風9/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:16:03 ID:gg93LTIq0
男は考えていた。幸せとは何かを。
幸せは人によって違う。
自分にとって幸せと思えるものに出会えることは
すばらしいことなんだろうと思った。


        /V\      
       (. ・−・)   
       (.   £)    
        | | |
       (__)_)    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


148 :疾風10/10 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:17:03 ID:gg93LTIq0
そして、自分の幸せを探す道を
再び歩き出したのだった。


        /V\      
       (. ・−・)   
       (.   £)    
         人  Y
        し(_)   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,


                       ―糸冬―

149 :疾風 ◆SIINrsA3Ig :2006/01/25(水) 22:21:08 ID:gg93LTIq0
いや、もうほんと作品投下できなくてスイマセン、投下してもこの程度でスイマセン。
しかも勝手に話し変えてる気がしますが気にしない。
そして、やっと言える。
「トリ変えました」
いまさらとおもいますが・・・。
そして、今までの作品、黙音氏、乙です!

150 :( ´∀`)さん:2006/01/25(水) 22:22:20 ID:5lDsq6qQ0
\(^O^)/おつです!

151 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/25(水) 22:32:10 ID:31JOSUJu0
リアタイ乙
房津好きなのでニヤニヤ(・∀・)
フサの幸せシャウトが素敵でした
幸せ探しの旅か・・・

次回は、2/5〜8投下予定

152 :( ´∀`)さん:2006/01/25(水) 23:30:41 ID:/8450HLP0
乙です。
房津が出てくるとは…(・∀・)イイ!

このスレ応援しています。頑張って!

153 :( ´∀`)さん:2006/01/26(木) 22:08:47 ID:kNxB1Sxn0
自分も作品投下していいですか?

154 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/01/26(木) 22:23:43 ID:nTlp8pBN0
>>153
もちろんどうぞ。もともとs(ry
wktk

155 :( ´∀`)さん:2006/01/29(日) 00:09:49 ID:ZXmTkSGe0
このようなスレにかける言葉は一つ・・・


期待保守!!!!!!!!!!!

156 :( ´∀`)さん:2006/02/02(木) 22:07:37 ID:DgFtRfdu0
保守

157 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:48:29 ID:6stPTzZO0





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               「どうも。旅の方ですね」
________________________________







158 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:53:31 ID:6stPTzZO0


男が歩いていると
体格のいい青年が話しかけてきました



           /V\                   ∧_∧ 
           (,, ・−)                 (´<_`  )
           (  £)                ...(    )
           人  Y                  ..| | |
          (,_,ヽ,,_,)                  (_(__)




159 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:54:09 ID:6stPTzZO0


青年はそばの喫茶店を指差し
「よろしければ、そこでお話しませんか」
と、誘いました
男は
「いいですよ」
と、微笑しました
                           ___________________
                         /__________________/|
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
                           |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C::::::::::::::::::::::::::::::::|/
                           ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´ii
                           . || |      //||;;;;r─ー  .:;|| /    ||    ||
                           . || |      / .|| |  │ : ;||//    .||    ||
                           . || |        || └─┘  ||      .||    ||
                           ...|| |.____.||__Π__||___...|Π_.....|| // 
                           ...||           | l   iニニニi  l |  || / 
                            ^           `工 __ノヽ__  工´   ^


           /V\                   ∧_∧ 
           (,, ・−)                 (`    )
           (  £)                ...(    )
           | | |                  | | |
          ..(__)_)                 .(_(__)



160 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:54:40 ID:6stPTzZO0


「あなたはどこから来たのですか?」
「東の方からです」
「そうですか」
青年は頷いて
「そこの国を見ましたか?」

             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |ナニニナサイマス?─ー  .:;|| /    || //   ||
                || | ∧∧ / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |. (*゚ー゚)  _||(・−・,,).,:||   .. (´<_`  ) .||
                || |_,U|lCl|___||(  £) │    (    ) _||//       
                ||〜(|__|    ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^  U"U    `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                       オチャオネガイシマス ̄     コウチャデ           
                           


161 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:55:23 ID:6stPTzZO0


「ええ。とても高い城壁ですね」




                        /V\
                      ⊂(,,・−・)つ
_____________________________________
=  =   ==  =  =     == ==  =  =     == == 
  三三  三   三  三三  三  三   三  三三  三   三  三三  三  三   三 
 二    二二  二二二     二二  二 二二  二二二     二二  二 二二



162 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:56:55 ID:6stPTzZO0


青年は頷きました
「はい。あれは、あの国の昔の王様のおかげなんです」
「昔の王様ですか?」
「はい」


             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |オマタセシマシタ;;;;r─..  .:;|| /    || //  .. ||
                || | ∧∧ / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |. (*゚ー゚)  _||(・−・,,).,:||   .. (´<_`  ) .||
                || |_,⊃旦Ц .._(  £) │    (    ) _||//       
                ||〜(|__| ̄   ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^  U"U    `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            
                                ドウモ


163 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:57:34 ID:6stPTzZO0


青年はカップを置いて
「昔、あの国はあまり警備が厳重ではありませんでした
 しかし、あるとき王様が、あの高い城壁をおつくりになったのです」
「へぇ」



             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |ゴユックリ //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //  .. ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |. ( >> _||(,,・−・).,:||   .. (´<_`  ) .||
                || |_,.l∪∪ __.||(  £) │旦 Ц(    ) _||//       
                ||〜(|__| ̄   ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^  U"U    `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


164 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:58:07 ID:6stPTzZO0


男はお茶をすすって
「その王様は今どうしてるのですか?」



             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |.     . _||(,, ..).,:||   .. (´<_`  ) .||
                || |_____||( ⊃旦) │ . Ц(    ) _||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


165 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:58:39 ID:6stPTzZO0


「殺されましたよ」
青年は微笑みました






          ∧_∧
         (;;;;;;;∀;;;)  _
         (;;;;;;;; つl二|  \
         | | |    ̄ ̄                        ∧∧
         (__)_)                        ⊂ ´⌒つill。。)つ 
 


166 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 13:59:12 ID:6stPTzZO0
10

「王様による政治は、民主の意見をとりいれないといってね。
 よくある事ですよ」
青年は紅茶をすすりました



             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |.     . _||(,,・−・).,:||   .. (´<_`  ) .||
                || |_____||( ⊃旦) │ .Цと    ) _||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


167 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:03:34 ID:6stPTzZO0
11

「はぁ」
「それからもう、20年もたったそうです」
「そうですか」
男は首をかしげて



             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |.     . _||(,, ・−).,:||   .. (´<_`  ) ||
                || |_____||( ⊃旦) │ . Цと    )._||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


168 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:04:41 ID:6stPTzZO0
12

「今はどうなんですか?」
「民衆の意見があわなくなり、戦争が起こりました」
青年は頬をかき




             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |.     . _||(,, ・−).,:||   .. (<_`  ,,)....||
                || |_____||( ⊃旦) │ . Цと    )_||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


169 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:05:29 ID:6stPTzZO0
13

「そして、あの国の人口は、昔の五分の一になってしまいました」
「そうですか」




             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |.     . _||(,, ・−).,:||   .. (<_`  ,,)....||
                || |_____||( ⊃旦) │ . Цと    ) ||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄      20%クライダネ
                       ハァ     


170 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:06:14 ID:6stPTzZO0
14

青年は笑い
「残ったのは、あの城壁だけ、ということです」
「そうですか」
男は微笑しました





                   /V\        ∧_∧
                 ⊂(,,・−・)つ    ⊂(´<_`  )つ
_____________________________________
=  =   ==  =  =     == ==  =  =     == == 
  三三  三   三  三三  三  三   三  三三  三   三  三三  三  三   三 
 二    二二  二二二     二二  二 二二  二二二     二二  二 二二



171 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:06:58 ID:6stPTzZO0
15

「別にあの国の王は、独裁政治をしていたわけではありません」
青年はカップをおきました
「ただ、時代の流れだったんです」
「そうですか」



             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
                || |.     . _||(,, ・−).,:||   .. (´<_`  ) ||
                || |_____||( ⊃旦) │ .Ц (    ) ||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


172 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:07:56 ID:6stPTzZO0
16

「ええ。20年ほど前は、世界中で王政廃止の動きがあったものですから」
青年は宙を見つめ
「ただ、流れにのってしまったのです。あの国は」
「そうですか」



                   
                          ___
__                        ヽ|・∀・|ノ
                          |__| 
                           | |
                         〜流れ〜



173 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:08:53 ID:6stPTzZO0
17

青年は息をつき
「防御だけしっかりしていても仕方ありません
 国は、形と、その中が伴わなければ仕方ないのです」


                      いいか、みんな


                         (゚д゚ )
                         (| y |)


                しっかりした守りと、お墨付きの王がいて           

                          王
                       □  ( ゚д゚)  、←お墨付き
                       \/| y |\/


                     はじめて国となるわけだ

                         ( ゚д゚)  国
                         (\/\/



174 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:09:56 ID:6stPTzZO0
18 ここまで続くとは

「はぁ」
「それには、優れた統率者も必要なのですよ」
「そうですか」
男は頷きました




            Σ( ゚д゚)  国
             (\/\/             ヽ[д゚*]ノ
                                 ..[_]  ミ
                                  / |


             ( ゚д゚)  ・・・              国
             (\/\/            ((ヽ[゚д゚]ノ))
                                  [_]
                                  / |


                               □ 工 − 、
             ( ゚д゚)  ・・・            
             (| y |)              ((ヽ[゚д゚]ノ))
                                  [_]
                                  / |


                                 エ ロ
             (*゚д゚)              
             .(| y |)               ヽ[д゚*]ノ
                                  [_]
                                  / |
                 +デフラグが完了しました+


175 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:11:34 ID:6stPTzZO0
19

その後二人は、長い間談笑していました



             /__________________/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
             |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
             ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
                || |    .. //||;;;;;r─..  .:;|| /    || //   ||
                || |     / .|| /V\ /|//  \∧_∧  ||
                || |.     . _||(,, ・∀)―   .―(<_`  ,,) .||
                || |_____||(    ) │□ Ц(    ) ||//       
                ||         ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
                ^         `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            


176 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:12:20 ID:6stPTzZO0
20 

「もういかないと」
「そうですか」
二人は立ち上がり、男が去ろうとすると
青年が呼び止めました
                           ___________________
                         /__________________/|
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
                           |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C::::::::::::::::::::::::::::::::|/
                           ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´ii
                   ∧∧     . || |      //||;;;;r─ー  .:;|| /    ||    ||
                  ..(゚ー゚*)      || |      / .|| |  │ : ;||//    .||    ||
                   |lCl|∪    _ || |        || └─┘  ||      .||    ||
                   |__|)〜   ...|| |.____.||__Π__||___...|Π_.....|| // 
                   U"U      ||           | l   iニニニi  l |  || / 
                      アリガトウゴザイマシタ       `工 __ノヽ__  工´   ^
   ./V\                                   ∧_∧
  (,, ・−)                                 (´<_`  )
  (£  .)                                ...(    )
    Y  人                                 ..| | |
   (_」 J                                 (_(__)



177 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:13:10 ID:6stPTzZO0
21 

「縛られることは確かにいいことではありません
 しかし、統率と束縛はまた異なるものです
 それを覚えておいて下さい」
「わかりました」

                           ___________________
                         /__________________/|
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
                           |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C::::::::::::::::::::::::::::::::|/
                           ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´ii
                           . || |      //||;;;;r─ー  .:;|| /    ||    ||
                      .      || |      / .|| |  │ : ;||//    .||    ||
                      ...    _ || |        || └─┘  ||      .||    ||
                           ...|| |.____.||__Π__||___...|Π_.....|| // 
                     ...      ||           | l   iニニニi  l |  || / 
                                ..       `工 __ノヽ__  工´   ^
   ./V\                                   ∧_∧
  (,, ・−)                                 (´<_`  )
  (£  .)                                ...(    )
  | | |                                  ..| | |
  (_(__)                                 (_(__)



178 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:13:54 ID:6stPTzZO0
22 

男は礼をした後
辺り一面、雪が積もり真っ白になった道を歩いて行きました

                           ___________________
                         /__________________/|
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
                           |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C::::::::::::::::::::::::::::::::|/
                           ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´ii
                           . || |      //||;;;;r─ー  .:;|| /    ||    ||
                      .      || |      / .|| |  │ : ;||//    .||    ||
                      ...    _ || |        || └─┘  ||      .||    ||
                           ...|| |.____.||__Π__||___...|Π_.....|| // 
                     ...      ||           | l   iニニニi  l |  || / 
                                ..       `工 __ノヽ__  工´   ^
                                    ∧_∧
                                   (´<_`  )
                                  ...(    )
0   0    0                          | | |
  0   0                            (_(__)



179 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 14:14:35 ID:6stPTzZO0
23 

青年は男をずっと見送った後

                ___________________
              /__________________/|
                |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
             ...|::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C::::::::::::::::::::::::::::::::|/
                ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´ii
                . || |      //||;;;;r─ー  .:;|| /    ||    ||
           .      || |      / .|| |  │ : ;||//    .||    ||
           ...    _ || |        || └─┘  ||      .||    ||
                ...|| |.____.||__Π__||___...|Π_.....|| // 
          ...      ||           | l   iニニニi  l |  || / 
                 ^    .       `工 __ノヽ__  工´   ^
                         ∧_∧
                        (´<_`  )
                       ...(    )
                        | | |
                        (_(__)



180 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/02/05(日) 14:15:25 ID:6stPTzZO0
24 

そっと煙草をふかしました

                ___________________
              /__________________/|
                |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
             ...|::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C::::::::::::::::::::::::::::::::|/
                ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´ii
                . || |      //||;;;;r─ー  .:;|| /    ||    ||
           .      || |      / .|| |  │ : ;||//    .||    ||
           ...    _ || |        || └─┘  ||      .||    ||
                ...|| |.____.||__Π__||___...|Π_.....|| // 
          ...      ||           | l   iニニニi  l |  || / 
                 ^    .       `工 __ノヽ__  工´   ^
                         ∧_∧
                      ~~┗─`  )
                       ...(    )
                        | | |
                        (_(__)



・・・end

181 :( ´∀`)さん:2006/02/05(日) 20:31:31 ID:f1aVL5At0
含蓄のあるはなしでした

182 :( ´∀`)さん:2006/02/06(月) 18:21:27 ID:i9jpMUd+0
乙!

183 :1/13:2006/02/06(月) 20:37:06 ID:cqXqirPz0







 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              「あなたは今、幸せですか?」
________________________________









184 :2/13:2006/02/06(月) 20:38:09 ID:cqXqirPz0

    とある道を歩いていると、女の人は言いました。
    「旅をするのは幸せですか?」
    「さぁ。」
    男は言いました。
    「幸せなのはいいことですよ」
    女の人はそう言いました。

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

        /V\                   ∧∧
        (   ・−)                 (゚−゚*)
        (   £)                   (   )
        |   |  |                   |  |〜
        (__)_)                  し`J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

185 :3/13:2006/02/06(月) 20:39:09 ID:cqXqirPz0


    「あなたの幸せはなんですか?」
    男が聞きました。
    「・・・それが、わからないんですよ。」
    女の人は悲しそうに、そう言いました。


                           /ヽ  /ヽ
                           /  ヽ/  ヽ
                         /   /    \
                        /          ヽ
                        | _   _    |
                        |             * |
                        ヽ   ―      /
                         \          /
                         /        \
                        /           ヽ
                        /             ヽ


186 :4/13:2006/02/06(月) 20:40:24 ID:cqXqirPz0

    「私の兄は、戦争で死んでしまったんです。」
    「・・・。」
    「それ以来、人に幸せを与えるのが嫌になってしまって・・・。
     ・・・孤児院の子どもたちに対しても、
     やさしく接してあげられなくなってしまって・・・。」
    女の人は悲しそうに言いました。

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

        /V\                   ∧∧
        (   ・−)                 (‐-‐*)
        (   £)                   (   )
        |   |  |                   |  |〜
        (__)_)                  し`J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

187 :5/13:2006/02/06(月) 20:41:21 ID:cqXqirPz0

    「何が自分にとって幸せなのかもわからないのに、
     ただ漠然と、 〔幸せになりたい。〕 と思ってるんです。」

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

        /V\                   ∧∧
        (   ・−)                 (‐-‐*)
        (   £)                   (   )
        |   |  |                   |  |〜
        (__)_)                  し`J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

188 :6/13:2006/02/06(月) 20:42:39 ID:cqXqirPz0


    「人に幸せを与えることに疲れて、
     与えられることを望む私は、ずるい女でしょうか?」

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

        /V\                   ∧∧
        (   ・−)                 (‐-‐*)
        (   £)                   (   )
        |   |  |                   |  |〜
        (__)_)                  し`J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

189 :7/13:2006/02/06(月) 20:43:50 ID:cqXqirPz0


    「・・・わからないですね。」
    男は、そう答えました。

          /ヽ  /ヽ
          /  ヽ /  ヽ
         /   ヽ   ヽ
        /         \
       /            ヽ
       |      ●   ● |
       |              |
       ヽ        ─    /
        ヽ          /
        /          ヽ
         /             ヽ
         /              ヽ


190 :8/13:2006/02/06(月) 20:44:49 ID:cqXqirPz0

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

         ∧∧                  /V\
        (‐-‐*)                 ( ・−・)
         (   )                 (  £.)
         |  |〜                 .人  Y
         し`J                  .し(_)
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

191 :9/13:2006/02/06(月) 20:45:41 ID:cqXqirPz0


    「・・・僕にはよくわかりませんが、
     今までいろんな人に幸せを与えていたのなら、
     休むことも必要だと思いますよ。」

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

         ∧∧                   /V\
        (゚−゚*)                    (・−・ )
         (   )                 .(  £.)
         |  |〜                  | | |
         し`J                  (__)_)
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

192 :10/13:2006/02/06(月) 20:46:35 ID:cqXqirPz0


    「ただ、あなたならそのやさしさを、人に向けてあげられると思いますよ。」

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

         ∧∧                   /V\
         (*゚−゚)                   (・ー・ )
         (   )                 .(  £.)
         |  |〜                  | | |
         し`J                  (__)_)
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

193 :11/13:2006/02/06(月) 20:47:30 ID:cqXqirPz0


    女の人は、男の後姿を見ていました。

  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

         ∧∧                    /V\
         (*゚ー゚)                 ( ・−・)
         (   )                  (  £.)
       〜 |  |                   人  Y
         し'`J                   し(_)
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

194 :12/13:2006/02/06(月) 20:48:34 ID:cqXqirPz0


    ・・・微笑を湛えながら・・・。

         /ヽ  /ヽ
         /  \/  ヽ
       /        \
      /           ヽ
      |     ○   ○ |
      |  *             |
      ヽ       ー    /
       ヽ         /
       /         \
       /            ヽ

195 :13/13:2006/02/06(月) 20:49:24 ID:cqXqirPz0

       (⌒´⌒´`)                          ("⌒゙゙⌒゙⌒)
       (     )            (⌒´⌒´`)          ゙ー'ー'ーー"
         `ー-ー´              `ー-ー ´

             ,-−-=- 、
           ,r'";; ;;;; ;; ヽ___,
           r";;;;;;:::;;;;  ;;;;;;:::;: \
         ,r";;;;;;:::;: ;;   ;;;;;;:::;:  `'::,、
        ,r'" ;;;;;;:::;: ;;    ;;;;;; :::;:  `'::,、                ;- ''"":
      .,r'" ;;;;;;:::;:  ;;    ;;;;;;:::;:;;;;;;;;    `'::,、   ,;-‐-,... ...--‐‐''''"    `'::、
     ,r';;;;;;:::;:;;;;;;:::;:  ;;     ;;;;;;:::;:;;;;;;:::;: ; ;;;;:::;: `ヽ/゙;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  `'::,
    ,r';;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:  ;;     ;;;;;;:::;:;;;;;;:::;: ; ;;;;:::;:   ; ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  
   ,r';;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:   ;;./V\ ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;;;:::;: :´ ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  
  .r´ ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:   ;( ・−・) ;;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;;;:: ,゙ ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  
 .r゙ ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;    ;; (  £.) :;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;; ノ'' ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  
/´ ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:    ;; 人  Y   ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;  ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  
゙             ;;  し(_)   ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;  ;;;;;;:::;:;;;;;;:;;;::;:;;;;   ;;;;;;:::;:;  
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
: : : : : : :'"'': : : : ,., ""'   '"' ,.  .,,. '' :.  "''" ,,.,  ,.  ''"'' ,,''"'" ,., ''" " .,.
: : ,.,..: :  ''"'   .,,. ''"' .,. '""' ..,.  ,   : :,.. ..,   ,,  ""'        ,,   .
,,: : :  "'" ,,.,  ,.  ''"'' .,, "'",,.  ..,     :.'''    "'  ,''"'" ,., ''" " .,.     '"
: : : :'"''  ,.,.   "  '"'  ,.  .,,    ''" ..       ::.   .""'      '"   ,.
: : :,., "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙      : ,. ""       ""
: :   ,,., '"  ,,,..  '"" ,,..  "''"   ,,.. ''""  ,,.. '" '''""゙゙""  ,,,. '"   ,''"'" , ,,.

                                    〜 終わり 〜


196 :( ´∀`)さん:2006/02/06(月) 21:22:38 ID:MlLGgxem0
ぬるぽー!

197 :( ´∀`)さん:2006/02/07(火) 19:12:24 ID:sT1Q38g30
GJ!
深みのある話で素敵でした


198 :( ´∀`)さん:2006/02/10(金) 12:35:42 ID:3fDblWgD0
保守

199 :( ´∀`)さん:2006/02/12(日) 14:05:38 ID:zsDI2gJ30
保守

200 :( ´∀`)さん:2006/02/12(日) 14:27:12 ID:8m3HPHKU0
┌──────────────────────―─―───┐
│                                            |
│                                            |
│       犯罪の温床2ちゃんねるにマターリは不要。          |
│    2ちゃん本来の姿をしぃオタから守ろう。みんなの手で。     |
│                                            |
│           ________       ∧_∧               |
│          / (、,;:';)  ./\    (・∀・ )                   |
│        /| ̄∪∪,:,':|\/   ⊂     )               |
│          |,:,',,,,_∧_|/      | | |               |
│           (゙O;゚#)@>,:,',:     (_(__)               |
│         ,:,:,': と@,:,'::∴                            |
│             2ちゃんねる                         |
│              公共機構                      |
│                                            |
│       2ちゃんねるは犯罪でここまで大きくなったのです。        |
│ 2ちゃんねるに対して間違ったイメージを抱いてはいけません。   |
│                                            |
└―――――――――――――――――――――───――――┘

201 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/02/14(火) 19:16:22 ID:GH44HuSV0
ペース遅くて申し訳ない
ただいま製作中・・・今何話目だ

202 :( ´∀`)さん:2006/02/16(木) 00:48:48 ID:+UdQiM8V0
十一話目、次で十二話でございますぜ!

203 :( ´∀`)さん:2006/02/16(木) 04:01:17 ID:Cw9GMBBF0
>>黙音氏
がんばってください!応援しますよ!
でもあんまり無理しないでくださいねw

204 :( ´∀`)さん:2006/02/19(日) 17:22:35 ID:P+Q9da/L0
保守

205 : ◆6NCDxXynhc :2006/02/19(日) 20:11:11 ID:J6v1e0/u0
a


206 :( ´∀`)さん:2006/02/21(火) 18:49:09 ID:jWWjhF0e0
保守上げ

207 :( ´∀`)さん:2006/02/21(火) 20:55:25 ID:3Kn9m1Ui0
良スレ発見
深みのある話だな

208 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/02/26(日) 20:51:57 ID:u5qX80LQ0
本当に月更新になってしまうな・・・
来月まで待っていただきたい

209 :( ´∀`)さん:2006/03/02(木) 00:24:43 ID:MY/Lb1BQ0
何時までも待っておりますぜ!

210 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:25:40 ID:alYZMX040





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 「だれにでもね・・・」
________________________________







211 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:26:19 ID:alYZMX040


百合色の肌の、綺麗な女の子は言いました
「秘密はあるものなの。それを暴いてはいけない・・・」
「はぁ」
「親しい間柄でも、無理に聞くのはマナー違反よ・・・」


                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
                          (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
                         (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
                         (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
                          (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
                           ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)
                              ヾヽi:;;;iii|//
                               ヾ;;;iiiii/
                     ∧ ∧       |::;;;iii|
                    ☆((^^ヽ☆      |::;;;iii|
         /V\        jl(ー^,,|||       |:;;;;iii|
        (,, ・−)        と   つ      |;;;;iiii|
        ( つ旦)        │||       |;;;iiii;|
        と___)_)       (__(_)       |;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


212 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:27:17 ID:alYZMX040


女の子は木にもたれて
「触れられたくない。見られたら傷つく・・・」
「そうですか」
男は、お茶をすすって
「でも、秘密はないほうがいいと言われますけど」

                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
                          (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
                         (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
                         (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
                          (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
                           ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)
                              ヾヽi:;;;iii|//
                               ヾ;;;iiiii/
                            ∧ ∧|::;;;iii|
                           ☆((^^ヽ☆;;iii|
         /V\               jl(ー^,,|||:;;;;iii|
        (,, ,__)               と   l;;;;iiii|
        ( つ旦)               / / /;;;iiii;|
        と___)_)              (__(_)|;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


213 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:28:02 ID:alYZMX040


「そんなことは、奇麗事よ・・・」
女の子は苦笑して
「そういうやつこそ、なにかあるもの・・・」
「はぁ」

                                         __,,-----、,,..,、,,,__
                                       ,:;;:;:';;;;::::,゙-''`’''`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;:;;; ソ
                                     ./;;,:':'´     ∧∧ ) )
                                     /..;;;l:'.'´      (゙Д゙i|i/ /
                                 ∩_/ ./      _.---;;;.; ソ 冫´ ;;:ヾ
                                 (::;;;;;;д):-─ ~  _;;;;;:: ;:|| ヾ;;;;;;;;ノ
                                 ⊂U;;;::.. ,'-─ ─´゙` ̄    ∪∪i'/
                                ⊂;;;;;;;;::::u 
                              ⊂,;;;;;;;;o;;;: ⊃
                            c ;;;::... u ;.; ::丶               ∧ ∧
           ぃ ぇ ぁ            ⊂;;;;;;;,,u,.....  .'三ミヾ ,           ・';;'il∀゚')_,,,,,,,,__
                            と;;;;;:::::c ○ ⊃ ;ヽ;;;;;,,.           ノ丶、yっ;;::;::;;;)
                           ;⊂;;;;;;;;;.;:::ゞ ゞ, .,○⊃  ゙'',;;;,,        ( / i;;;;;, `''"
             ∩_∩         c;;:,,;:c;:;:;:;:o;;:: :,ヘ... : ⊃   ヽ;;'、   ,,,,,,,,,,、、::::;;;;;;',,;;つ
             (・Д・,, )       ⊂;;;: :::::::0;;;;;; ソ◎ヽ ⊃ノ   ,ヽ,;;;;;;;;;;;;;イ::::;:;:;;;;::'゙ι゙゙゙
             ∪  .∪l      u(;;;;;;;;;;;iw, ::.....' /◎◎ヾ ソ  
              |  x. |        ,,,;;;;;;;;;;;;;;lm ::::.,,,..(◎◎◎)⊃   
              U'⌒'U         u∪;;;;;;;;:u::...,,,,,  ゝ◎◎イ ⊃  

                                           ァ゙・・・・ぁ゙・・・・



214 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:28:53 ID:alYZMX040


「奇麗事ばかりじゃ、なにも解決できない・・・」
「そうですか」
「適度に秘密はあるもの。無理に暴こうとしたら、壊れてしまうよ・・・」
「そうですか」





                          ∧_∧〃つ∩
                         (,, ´∀ノ・Д;*)  
                         (   ⊂ ;;;ッ;\
                         | | || x ;;:::,,,,⊃
                         (__)_)'⌒'U


215 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:29:28 ID:alYZMX040


その後、二人は少しの間話をしていました


                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
                          (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
                         (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
                         (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
                          (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
                           ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)
                              ヾヽi:;;;iii|//
                               ヾ;;;iiiii/
                            ∧ ∧|::;;;iii|
                       \  ☆((^^ヽ☆;;iii|
         /V\ /        ―   jl(フ^,,|||:;;;;iii|
        (,, ・∀)―              と   l;;;;iiii|
        ( つ旦)               / / /;;;iiii;|
        と___)_)              (__(_)|;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


216 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:29:59 ID:alYZMX040


男は、飛んでいる鳥を見上げて  
「もういかないと」
「そうですか・・・」


              ⌒⌒
      三  方
         
  ⌒⌒


                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
                          (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
                         (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
                         (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
                          (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
                           ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)
                              ヾヽi:;;;iii|//
                               ヾ;;;iiiii/
                     ∧ ∧       |::;;;iii|
                    ☆((^^ヽ☆      |::;;;iii|
        /(,,  −)      jl(ー^,,|||       |:;;;;iii|
         ̄(  £)       (   )       |;;;;iiii|
          |  | |        │||       |;;;iiii;|
          (__)_)      (__(_)       |;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


217 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:30:38 ID:alYZMX040


女の子は、弱弱しく微笑んで
「無理に侵害しないで・・・。適度に人と付き合うの・・・」
「わかりました」




                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
                          (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
                         (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
                         (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
                          (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
                           ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)
                              ヾヽi:;;;iii|//
                               ヾ;;;iiiii/
                     ∧ ∧       |::;;;iii|
          /V\      ☆((^^ヽ☆      |::;;;iii|
          (,, ・−)      jl(ー^,,|||       |:;;;;iii|
          (  £)      と   )      |;;;;iiii|
          |  | |        │||       |;;;iiii;|
          (__)_)      (__(_)       |;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


218 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:31:45 ID:alYZMX040


男は一礼すると
暗い墓地から出て行きました




                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
       __                   (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
      |: |                   (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
      |: |                   (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
   O二二X二二)               (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
      |: |                    ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)           __
      |: |                       ヾヽi:;;;iii|//         __   .|: |
     .,_|; |,_,,                      ヾ;;;iiiii/          |: |   |: |
                     ∧ ∧       |::;;;iii|           |: |二二X二二O 
                    ☆((^^ヽ☆      |::;;;iii|       .(二二X二二O| 
                     jl(^ー^,|||       |:;;;;iii|          |: |   |: | 
                      (   )       |;;;;iiii|           |: |  .,_|; |,_,,
                      │||       |;;;iiii;|         .,_|; |,_,,   
                     (__(_)       |;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


219 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/03/04(土) 23:33:34 ID:alYZMX040
10

女の子はぼんやりと宙を見つめた後
姿を消しました




                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
       __                   (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
      |: |                   (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
      |: |                   (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
   O二二X二二)               (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
      |: |                    ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)           __
      |: |                       ヾヽi:;;;iii|//         __ _.  |: |
     .,_|; |,_,,                      ヾ;;;iiiii/          |: |   |: |
                                |::;;;iii|            |: |二二X二二O 
                        ::        |::;;;iii|        (二二X二二O| 
                        ::::        |:;;;;iii|            |: |_   |: | 
                       :::::::           |;;;;iiii|             |: | ..,_|; |,_,,
                      :::::::::.         |;;;iiii;|            .,_|; |,_,,   
                     :::::::::::::        |;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .


・・・end



220 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:35:28 ID:lV4TcSvw0
>>210-219
リアルタイムGJ!黙音氏、乙です。


221 :( ´∀`)さん:2006/03/04(土) 23:42:57 ID:OTYf5P8/0
(・ ω・)ノシ おっつー!

222 :( ´∀`)さん:2006/03/05(日) 06:26:13 ID:eSSAZDT60
>>216
それは本当に鳥か?

223 :疾風0/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:19:40 ID:dOX3TA9u0





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 「くらいな・・・。」
________________________________








224 :疾風1/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:20:32 ID:dOX3TA9u0
男は、暗い道を歩いていた。
とても暗い道を。
その闇は、まるで男の行く手を阻むかのように、
黒に染まっているだった。

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;         
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;        
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;し'(__);;;;;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

225 :疾風1/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:21:30 ID:dOX3TA9u0
そんな暗闇の中、男は、暗闇の更に先を、
その笑った目でずっと先まで見通そうとしている
一人の男をみつけた。



  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   ^^ );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;し'(__);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

226 :疾風2/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:22:29 ID:dOX3TA9u0
「どうしたんですか?こんなところで・・・。」
男の存在に気付き、ゆっくりと後ろを振り返る、笑い目の男。

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;て;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧そ;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   ^^ );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

227 :疾風3/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:23:34 ID:dOX3TA9u0
「あなたはいったい・・・?」
笑い目の男が尋ねる。
「わたしは・・・ただの放浪者ですよ。アナタはなぜこんなところに?」
「僕は・・・」

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( ^^   );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(_(__);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

228 :疾風4/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:24:37 ID:dOX3TA9u0
「・・自分の心の『光』を消すためにここにいるんです。」
「え?」
わけがわからず、男は聞き返す。
「アナタのいた所は僕の姿を見たことがありますか?」
「・・・いえ。」
「と、いうことは、とても平和だったんですね。」
「どういうことですか?」

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( ^^   );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(_(__);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

229 :疾風5/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:25:32 ID:dOX3TA9u0
「・・・僕は荒らしAAです。」
「荒らし・・・」
そういえば聞いたことがある、『山崎』と呼ばれる荒らしAAのことを。
「はい、僕ら山崎族は数あるスレを荒らすために存在しています。」
「・・・・」
「ところが、僕の場合・・・無理なんです。」
笑い目の男は目をそらしながら言う。
「荒らせない、ということですか。」
「はい。」

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   ^^ );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(_(__);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

230 :疾風6/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/05(日) 16:26:30 ID:dOX3TA9u0
「仲間にも、『荒らせない山崎なんて切れないナイフみたいなもんだ!』っていわれちゃいましてね。」
「・・それで、その『荒らせない』という心を消すためにここにいる・・・わけですか。」
「はい。」
男は考え、そして結論を出した。
「・・・いいんじゃないですか?」
「え?」

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   ^^ );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

231 :疾風7/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 21:47:05 ID:JG9ekbpp0
「切れないナイフでもいいじゃないですか。」
男は言った。
「僕は思いますよ、『切れないナイフ』という『優しさ』があってもいいと。」
「切れないナイフという優しさ・・・。」
笑い目の男は、その意味を確かめるように、ゆっくりと男の言葉を繰り返した。

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( ^^   );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(_(__);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

232 :疾風8/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 21:48:36 ID:JG9ekbpp0
「・・・別の場所でもう少し考えてみることにします。」
そういうと、笑い目の男は・・・


  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧_∧;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( ^^   );;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(    .);;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(_(__);;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

233 :疾風9/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 21:49:44 ID:JG9ekbpp0

                      
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i | i| | !|+;;;;;;;;;;;;;      
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;+||i |i |i|+;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;+|!|!  i| | ;+;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+ |! i | i| |;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |i ! | !|i|+;;;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

234 :疾風9/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 21:50:40 ID:JG9ekbpp0
暗闇の中に、また静寂がおとずれた。

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;         
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;        
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

235 :疾風11/13  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 21:51:44 ID:JG9ekbpp0
気付けば、男はまた歩き出していた。

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;; 人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;; し'(_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

236 :疾風12/12  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 21:53:13 ID:JG9ekbpp0
暗闇の中にある大きな光に向かって。

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;:::::::::::::::::                :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;:::::::::::                  :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;:::::::::::                   :::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;::::::::::::::                  :::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;:::::::::::::::   /V\           ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::(    )          :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::(    )         ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .   (_)(_)
                            ―糸冬―

237 :( ´∀`)さん:2006/03/08(水) 21:55:14 ID:Dt6OLIgI0
乙&GJです!!

238 :( ´∀`)さん:2006/03/08(水) 22:00:05 ID:frNa25Mp0
(・ ω・)ノシ おっつー!

239 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/03/08(水) 22:27:35 ID:Dhc7ByBV0
GJです
某一家のお隣でくるとは・・・

240 :( ´∀`)さん:2006/03/08(水) 23:06:13 ID:phkOvDkp0


241 : ◆SIINrsA3Ig :2006/03/08(水) 23:23:53 ID:JG9ekbpp0
どうも、途中で連続投稿に引っかかっちゃいまして・・・。
でも、レスを待ってくださってうれしい限りですよ。ほんとに。
それと、今までの作品にGJを。

242 :( ´∀`)さん:2006/03/08(水) 23:53:37 ID:fwgCNDly0
疾風氏&黙音氏

素晴らしい作品をありがとう!
がんばってください!貴方達の作品、いつでも待ってます!

243 :( ´∀`)さん:2006/03/11(土) 23:21:53 ID:hfJBL4gf0
保守

244 :( ´∀`)さん:2006/03/11(土) 23:33:00 ID:zldhs4E20
保守

245 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/03/13(月) 14:16:58 ID:pLOIiGIP0
正直今他所で忙しいので
疾風さんにしばらくまかせてもよろしいでしょうか

もちろん他の方のお話も楽しみにしています

246 :0/9:2006/03/15(水) 20:18:49 ID:uSYKpVLN0

                                /ヽ   /ヽ
                               /  ヽ/  ヽ
                              /   /    ヽ
                            /          ヽ
                           /             ヽ
                           | ●   ●        |
                           |                |
                           ヽ  ─         /
                            ヽ             /
                             >        <
                            / ゚・。       .。・゚\
                            /    ゚・。.   .。・゚   .ヽ
                           |      ゚・£・゚       |
                           |               |
                           |               |
                           ヽ               /
                            ヽ            /
                             |      |     丿
                             |      |    /
                            /       |    |
                           /         .|ヽ___/
                           |        |
                           ヽ____/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 シーンの徒然なる旅
________________________________

                   〜 悲観者 〜


247 :1/9:2006/03/15(水) 20:20:09 ID:uSYKpVLN0








 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   「どう思う?」
________________________________









248 :2/9:2006/03/15(水) 20:21:12 ID:uSYKpVLN0

    男の人は言いました
    「信じれば裏切られる。そんなの当たり前のことなのに、
     どうして人は信頼できるんだろう?」
    「さぁ。」

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        /V\                      ∧∧
        (   ・−)                     (゚Д゚,,)
        (   £)                      (   )
        |   |  |                       |  |
        (__)_)                      し´J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


249 :3/9:2006/03/15(水) 20:22:17 ID:uSYKpVLN0

    「信じられるような世の中じゃないのに、なぜ?
     裏切られるのは目に見えてるのに、なぜ?」
    男は言いました。
    「でも、誰も信じないで、生きていけるのでしょうか?」

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        /V\                      ∧∧
        (   ・−)                     (゚Д゚,,)
        (   £)                      と(   )
        |   |  |                       |  |
        (__)_)                      し´J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


250 :4/9:2006/03/15(水) 20:23:22 ID:uSYKpVLN0

    「生きていけるよ。むしろ信頼を得ようとしたら失敗するのさ。」
    男の人は言いました。
    「君は一人で生きていけると思うかい?」
    「さぁ。」


                           /ヽ  /ヽ
                           /  ヽ/  ヽ
                         /   /    \
                        /          ヽ
                        | _   ○     |
                        |             |
                        ヽ   ―      /
                         \          /
                         /        \
                        /           ヽ
                        /             ヽ


251 :5/9:2006/03/15(水) 20:24:24 ID:uSYKpVLN0

    「よく、人はみんなと支えあって生きていくだの、一人では生きていけないだの、
     そんなことを言うやつがいるけど、俺は違うと思う。」
    男の人は言いました。
    「みんなと一緒にいるように見えるだけ。
     心の底から信じることなんかできないし、
     心の底から一緒にいたいと思うなんてことはありえない。
     心はいつも遠いところにあるものなんだ。」

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        /V\                      ∧∧
        (   ・−)                     (゚Д゚,,)
        (   £)                     と(   )つ
        |   |  |                       |  |
        (__)_)                      し´J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


252 :6/9:2006/03/15(水) 20:25:36 ID:uSYKpVLN0

    「心の底では、できるだけ有利に立ちたいと考えているんだよね。
     だから有利に立てなくなりそうになると、すぐに裏切る。」
    男の人は苦笑をしながら
    「本当に、他人を心から信頼できる人がいるなら会ってみたいね。」
    男の人は言いました。

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        /V\                      ∧∧
        (   ・−)                     (゚Д゚,,)
        (   £)                      (   )
        |   |  |                       |  |
        (__)_)                      し´J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


253 :7/9:2006/03/15(水) 20:26:39 ID:uSYKpVLN0

    立ち去ろうとする男に向けて、溜め息混じりで言いました。
    「・・・まあ、信頼は恐ろしいが、同時にすばらしいものだというのは否定しない。
     ただ、安易に人を信頼することは良いことではない。
     それは覚えておいていいと思う。」
    男は振り向いて、
    「わかりました。」
    と言いました。

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        ∧∧                         /V\
        (д‐ )                       (・−・ )
         (   )                      (  £.)
         |  |                       人  Y
         し´J                       し(_)
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


254 :8/9:2006/03/15(水) 20:27:46 ID:uSYKpVLN0

    「・・・戯言・・・だよなぁ・・・。」
    と男の人がつぶやきました。
    「・・・へっ・・・くだらねぇ・・・。」

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        ∧∧
        (д‐ )
         (   )
         |  |
         し´J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


255 :9/9:2006/03/15(水) 20:28:51 ID:uSYKpVLN0

    そう言って、どこかに消えていきました。

                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´









゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙



                                   悲観者  〜 終わり 〜



256 :( ´∀`)さん:2006/03/15(水) 20:31:16 ID:uSYKpVLN0
£をペンダントとして使用しましたが、
気に入らなければスルーしてください。

257 :( ´∀`)さん:2006/03/15(水) 20:32:26 ID:Dd03ZSMm0
GJ!乙です。

258 :( ´∀`)さん:2006/03/15(水) 21:57:52 ID:OZfgRWyh0
(・ ω・)ノシ おっつー!

259 :( ´∀`)さん:2006/03/15(水) 22:48:57 ID:n8CCq3lO0
乙でした。

260 :( ´∀`)さん:2006/03/16(木) 02:50:46 ID:56ASfnJb0


261 :疾風0/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:09:12 ID:Lx+kuQM90




―――――――――――――――――――――


         「教えてください。」



―――――――――――――――――――――

262 :疾風1/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:10:10 ID:Lx+kuQM90

/ // // /// / /  / //  / / / /  /// //
/ / //  //// // / / / //ザーザー  / / / /
// / / /// / // / //// /  / ///  / //
/ // ///ザーザー/ / / / /// //  // /
/// /// /    / / // // ///  // / /
/// // / // // // / / // / / / // /
/

// / /V\ //  // /  // ∧_,,, //  /// /
////( ・−・)/// // // / / (゚-;;゚#) // //
//  (   £) // /  / //  / |;; ;∪ // ////
// / | | |//  / / / //   |;;#,;|〜/// //
 /  (__)_)//  / /  // / .U"U //  //
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
「笑うってどういうことなんですか?」
彼女がいう。
「私もあまり笑わないからな。うまくはいえないけど…。」
男は困りながら 答えを探す。

263 :疾風2/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:11:19 ID:Lx+kuQM90

/ // // /// / /  / //  / / / /  /// //
/ / //  //// // / / / //ザーザー  / / / /
// / / /// / // / //// /  / ///  / //
/ // ///ザーザー/ / / / /// //  // /
/// /// /    / / // // ///  // / /
/// // / // // // / / // / / / // /
// / /V\ //  // /  // ∧_,,, //  /// /
////( ・−・)/// // // / / (゚-;;゚#) // //
//  (   £) // /  / //  / |;; ;∪ // ////
// / | | |//  / / / //   |;;#,;|〜/// //
 /  (__)_)//  / /  // / .U"U //  //
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
「多分、幸せなことなんじゃないかな?」
男が答える。
「笑うことが幸せ?」
「うん、多分だけどね。」
彼女はそれを聞いて、悲しそうな顔をした。
「じゃあなぜ彼は死ななくちゃいけなかったの?」

264 :疾風3/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:12:11 ID:Lx+kuQM90

/ // // /// / /  / //  / / / /  /// //
/ / //  //// // / / / //ザーザー  / / / /
// / / /// / // / //// /  / ///  / //
/ // ///ザーザー/ / / / /// //  // /
/// /// /    / / // // ///  // / /
/// // / // // // / / // / / / // /
// / /V\ //  // /  // ∧_,,, //  /// /
////( ・−・)/// // // / / (゚-;;゚#) // //
//  (   £) // /  / //  / |;; ;∪ // ////
// / | | |//  / / / //   |;;#,;|〜/// //
 /  (__)_)//  / /  // / .U"U //  //
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
「彼…って?」
男が聞く。
「私の愛した人です。」
彼女は静かに言った。
「あの人は、いつでも、どんなときでも笑ってた。」

265 :疾風4/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:13:12 ID:Lx+kuQM90

           +  +
        +        +
           ∧ ∧   
       +   (^Д^,,)   +
           | T つ
           |   |〜
           し'`J

「あの人は、私に初めて笑顔を向けてくれてた。
 この、ブサイクな私に。誰にも相手にされなかった私に。
 もしかしたら、社交辞令みたいなのだったのかもしれない。
 それでも、私は彼を好きになった。そして彼も、私を好きと、
 言ってくれた。」



266 :疾風5/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:14:09 ID:Lx+kuQM90

           
                
   ∧_∧          ∧ ∧   
  (#;;;;;;;;;;;;)         (^Д^;)   
  (    凸          とT と)
  | | |         . |   |〜
  (__)_)          し'`J

「なのに、ある人が『お前の笑い方が気に食わない』といって、
 彼を……殴りました。殴って殴って…。
 最後には、目も開けられないぐらいに。」

267 :疾風6/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:15:14 ID:Lx+kuQM90

/ // // / /    /   /  /    /  / /   
/ / // / /  /  /  / //ザーザー  / / / /
//  / /    /       /  / //     /  //
/ // ///ザーザー/ /  / /   /   /  / 
///  /  / / /     / /   /  // / /
  / / /   / /     /   /   /  / / /
/

// / /V\ //   /  /  // ,,,,_∧ /   /
/  /( ・−・)//     // / / (;;#;;;;;) // //
//  (   £) // /  / //  / |;; ;∪ //  /
// / | | |//   //    /   |;;#,;|〜/   /
 /  (__)_)//  / /  // / .U"U //  //
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
「そのあと、病院に連れて行ったけど、彼は…もう目を覚ましませんでした。」
彼女は目をそらし、ささやくような声で言った。
「その日から、私は笑えなくなりました…。
 本当に笑うことが幸せなことなら、なぜ彼は殴られたんです?
 なぜ殺されなければならなかったんです?」
男は悔しかった、彼女に、何もしてやれないことが。でも、
「彼は、それでも幸せだったと思いますよ。」

268 :疾風7/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 10:16:10 ID:Lx+kuQM90

/ // // / /    /   /  /    /  / /   
/ /    /    /   /   //ザーザー  / / 
//  / /    /       /  / //     /  /
/     //ザーザー/ /  / /   /   /  / 
/  /    /        / /   /  / /
  / / /   / /     /   /   /  / / /  
/ /V\   /  /      /∧_,,, /   /
/  /( ・−・)//     // / /(゚-;;゚#)   /
//  (   £) /     /    / /|;; ;∪ / /
/ / .| | |//   //    /  |;;#,;|〜/   /
 /  (__)_)/  / /     /.U"U //  /
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
「確かに彼は、苦しかったかもしれない、悲しかったかもしれない。」
男は、ひとつひとつの言葉に感情をこめながら言う。
「でも、アナタのような人がいてくれたこと、それが彼の幸せだったと思います。
 私に彼の気持ちがわかるとはいえません。もちろんあなたの気持ちも。」
一呼吸をいれ、男はまたしゃべりだす。
「けれど、これだけはいえます。」

269 :疾風8/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 11:22:54 ID:Lx+kuQM90


         .∧_,,,.∧∧
         (#゚;;-゚)^Д^)
         /;; ;;;⊃UU
       〜(;;_;;_;;)_⊃⊃

「アナタが彼にあえてよかったと思うように
 彼もあなたに会えてよかったと思ってますよ。」

270 :疾風8/12 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 11:23:30 ID:Lx+kuQM90
/         /     /    /    /  
  /             / 
          /            /
/              / 
                     /        /
   /        / 
   . /V\            ∧_,,   
/  ...( ・−・)          /(゚-;;゚#)   /
    (   £)              |;; ;∪ / 
/   | | |/            |;;#,;|〜/   /
 /  (__)_)             U"U    
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
一瞬の沈黙、そして
「そう…かもしれませんね。」
彼女がつぶやく。
「そうですよ、ぜったい。
 それに、アナタが笑ってないと、彼は今より悲しむことになりますよ。」


271 :疾風10/11 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 11:24:59 ID:Lx+kuQM90
/                 /  
               
                
/             
                     /        /
           / 
          . /V\            
            ...( ・−・)          / 
          (   £)
            人 Y              
            し(_)           
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
男は、彼女と別れたあと…

272 :疾風11/11 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 11:26:20 ID:Lx+kuQM90





           .∧_,,,
           (ー;;゚#)
            |;;;;∪
            |;;;;;;|〜
            し'J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
彼女の笑顔を、
見たような気がした。


                       ―糸冬―

273 :( ´∀`)さん:2006/03/16(木) 11:30:21 ID:N6oU4yjS0
疾風氏乙です。GJ!

274 :疾風 ◆SIINrsA3Ig :2006/03/16(木) 11:30:33 ID:Lx+kuQM90
>>246-255
乙です。
他の職人方も
黙音氏がいない間も、作品投下お願いします。

275 :( ´∀`)さん:2006/03/16(木) 11:32:03 ID:r42Vs+5d0
(・ ω・)ノシ おっつー!

276 :1/14:2006/03/20(月) 17:51:36 ID:TsnYvP5p0








 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              「あなたは、好きな人がいますか?」
________________________________









277 :2/14:2006/03/20(月) 17:52:55 ID:TsnYvP5p0

    黒髪の、とても綺麗な女の人は言いました。
    「あなたは、自分の全てを捧げられる人がいますか?」
    男は、何も言えなかった。


                                  "
     "           ゙         '              ,.
           ´                                  "
                                 ,
    "          "          '

           "                              ゙
   "                    '               ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  /ノノノハiノ
        (  ・−)                   '    /iハ ゚ -゚ノ
        (  £)                       ノii/`iYi´〉
        |  |  |                        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


278 :3/14:2006/03/20(月) 17:54:11 ID:TsnYvP5p0

    「・・・風の強い日ですね・・・。」
    女の人は、つぶやくように言いました。
    「・・・旅をするって、どんな気持ちなんでしょうか?」
    男は、何も言えなかった。


                      "
     "                       ゙         '        ,
           ´
                                      ,
    "                   "

           "                             ゙
   "                             ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  /ノノノハiノ
        (  ・−)                   '    /iiハ. ゚ -ノ
        (  £)                       ノii/`iYi´〉
        |  |  |                        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


279 :4/14:2006/03/20(月) 17:55:21 ID:TsnYvP5p0

    風が流れていく。時間と一緒に。
    女の人は言いました。
    「・・・あなたは誰かを愛してあげられましたか?」
    男は、何も言えなかった。
    「・・・私は今まで、誰にも愛してもらえなかった。
     だから私は、誰にも愛してあげれなかった。
     ・・・これは罪なことでしょうか?」
    男は、何も言えなかった。


                                  "
     "           ゙         '              ,.
           ´                                  "
                                 ,
    "          "          '

           "                              ゙
   "                    '               ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  ハヽヽ、,ヽ
        (  ・−)                   '    人゚- ゚ ハ iヽ
        (  £)                            〈`iYi´ヽiiハ
        |  |  |                            'ハヽ i.|iiiハ
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


280 :5/14:2006/03/20(月) 17:56:49 ID:TsnYvP5p0

    女の人は、こう言いました。
    「あなたの意見が聞きたいな。」


                      "
     "                       ゙         '        ,
           ´
                                      ,
    "                   "

           "                             ゙
   "                             ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  /ノノノハiノ
        (  ・−)                   '    /iハ ゚ -゚ノ
        (  £)                       ノii/`iYi´〉
        |  |  |                        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


281 :6/14:2006/03/20(月) 17:57:50 ID:TsnYvP5p0

    「・・・僕が言えたことでは、無いかもしれませんが・・・。」
    男は、言いました。 ひどく疲れたように。
    「愛なんていうのは、僕にはよくわかりませんし、
     愛情なんていうのも、理解しにくいものです。」


                      "
     "                       ゙         '        ,
           ´
                                      ,
    "                   "

           "                             ゙
   "                             ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  /ノノノハiノ
        (  ・−)                   '    /iiハ. ゚ -ノ
        (  £)                       ノii/`iYi´〉
        |  |  |                        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


282 :7/14:2006/03/20(月) 17:58:58 ID:TsnYvP5p0

    男は、言いました。
    「でも、その感情は、きっと誰にでもあります。・・・だから・・・。」


                                  "
     "           ゙         '              ,.
           ´                                  "
                                 ,
    "          "          '

           "                              ゙
   "                    '               ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  /ノノノハiノ
        (  ・−)                   '    /iハ ゚ -゚ノ
        (  £)                       ノii/`iYi´〉
        |  |  |                        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


283 :8/14:2006/03/20(月) 18:00:13 ID:TsnYvP5p0

    「あなたも、愛することはできると思います。」


                                  "
     "           ゙         '              ,.
           ´                                  "
                                 ,
    "          "          '

           "                              ゙
   "                    '               ,.

                               '     ,-‐ー-、,
        /V\          '                  /ノノノハiノ
        (  ・−)                   '    /iハ ゚ -゚ノ
        (  £)                       ノii/`iYi´〉
        |  |  |                        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


284 :9/14:2006/03/20(月) 18:01:17 ID:TsnYvP5p0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ・−);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


285 :10/14:2006/03/20(月) 18:02:09 ID:TsnYvP5p0

    男は暗い夜道を歩いていました。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ・−);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


286 :11/14:2006/03/20(月) 18:03:02 ID:TsnYvP5p0

    「幸せ、信頼、愛情・・・か。」
    男はつぶやきました。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ・−);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


287 :12/14:2006/03/20(月) 18:03:57 ID:TsnYvP5p0

    男は、とても寂しそうに言いました。
    「僕に理解できる日が来るんだろうか・・・。」

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ・−);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人  Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


288 :13/14:2006/03/20(月) 18:04:57 ID:TsnYvP5p0

    男は祈っていた。
    彼女が幸せになっていてほしい・・・。
    そう願わずにはいられなかった。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  -−);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  £);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""


289 :14/14 ◆0nBF9OQDXU :2006/03/20(月) 18:06:42 ID:TsnYvP5p0



                                  "
     "           ゙         '              ,.
           ´                                  "
                                 ,
    "          "          '

           "                              ゙
   "                    '               ,.

           ,-‐ー-、,    "           ゙         '
          /ノノノハiノ
          /iハ ゚ ー゚ノ         "           ゙         '
         ノii/`iYi´〉
        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""

                                 〜 終わり 〜


290 :( ´∀`)さん:2006/03/20(月) 18:07:17 ID:ynz/d7fe0
リアタイ乙
毎度ながらGJ

291 :( ´∀`)さん:2006/03/20(月) 18:07:20 ID:CWUHBXI/0
乙です。いつも深みのあるいい話です。GJ!

292 :( ´∀`)さん:2006/03/21(火) 06:46:52 ID:rSkUT3R20
(゚ д ゚ )ノシ おっつー!

293 :( ´∀`)さん:2006/03/21(火) 17:20:13 ID:nrMvkDju0
乙&GJ!

294 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/03/21(火) 22:58:32 ID:+GkqjtV/0
一枚絵





            ,,、
          / γヽ    お前は何故旅をする・・・?
           / ./ /  
        __| | l、/ヽ
        \(,, メ_)/      λ
         / >  < \    _ノ (              ./V\
         /< ノ  ハ\ ̄ ̄  _(^ .             (−・ ,,)
     _/ (_( v(_ノ) ,\  ヽ_(               (£  ) ・・・・そこに道があるから
     )     > ハ .ヽ/⌒\ _(                |  |  |
     ^),ヘヘ, (__/ L__)   )ノ               (_(_)


295 :( ´∀`)さん:2006/03/22(水) 11:26:23 ID:amQd1qj50
パロディ




               君は何故旅をしているの?
         ∩ ∩
         ll _ll                      ./V\
         (,,´∀`)                     (−・ ,,)
         と   つ                    (£  )
         ○ | |                         |  |  |
         |_)_)                    (_(_)



296 :( ´∀`)さん:2006/03/22(水) 11:26:57 ID:amQd1qj50



               
         ∩ ∩
         ll _ll                       /V\  ・・・・・そこに>>1があるから
         (;´∀`)                     (−・ ,,)
         と   つ                    (£  )
         ○ | |                         |  |  |
         |_)_)                    (_(_)
             ・・・・ウサウサ?



297 :( ´∀`)さん:2006/03/22(水) 11:27:46 ID:amQd1qj50



´V\
;・−)ぎゃあシーンたん
と ノ  目の前の惨事にどうする事もできず

                              ⌒ヾ
                               ミ丿
                                ミ/
.               ‐=≡       ∧_∧/
                ‐=≡     (#´Д`)
                  ‐=≡   /    ヽ        丿
                  ‐=≡  ./| |   | |─|||─||─〜'
                  ‐=≡ / \ヽ/| |
                 ‐=≡ /   \\| |   ノノ   ノノノ       ∩ ∩
``)              ‐=≡  / /⌒\ し(メ 彡         ":;:;  ll _ll
`)⌒`)         ‐=≡   / /    > ) \彡       (    (:;:)´Дメ;)
 ;;;⌒`)       ‐=≡   / /     / /    \彡      丿彡 / @:;_つ_
   ;;⌒`)⌒`) -=≡     し'     (_つ      \    /   人:;".Y
                                 < \_ノ     し'(W)
                                 vVVvVv
                                        ;;':,:,つ

                                             ・・・end?


298 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/03/22(水) 11:28:33 ID:amQd1qj50
なんかずっと放っておいてすみません
書き手の方々、読み手の方々に感謝
おまいらを、大好きです


↓スレのレベルが>>1より高くなっている件について一言









  ∧ ∧ モギャー
  (・∀・)∩
  /⊃ /
〜( ヽノ
  し^ J

299 :( ´∀`)さん:2006/03/22(水) 11:31:29 ID:zgm937mk0
黙音氏GJ!

  ∧ ∧ モギャー
  (・∀・)∩
  /⊃ /
〜( ヽノ
  し^ J

300 :疾風  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/22(水) 12:30:34 ID:J416RWfD0
いつか来ると思ってたパロディネタとともに。
黙音氏を大好きですGJ


     ∧,,,,∧
    彡,,‐д‐彡
    ミつ ミbそ
   〜ミ   ミ
     し`J

301 :( ´∀`)さん:2006/03/23(木) 16:15:35 ID:6xa9GfPq0
298 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/03/22(水) 11:28:33 ID:amQd1qj50
なんかずっと放っておいてすみません
書き手の方々、読み手の方々に感謝
おまいらを、大好きです
    ↑

300 :疾風  ◆SIINrsA3Ig :2006/03/22(水) 12:30:34 ID:J416RWfD0
いつか来ると思ってたパロディネタとともに。
黙音氏を大好きですGJ
   ↑


気になってしまう俺はどう考えてもA型です、本当にありgってうわ何すんdrftgyふじこlp

302 :( ´∀`)さん:2006/03/23(木) 20:27:08 ID:3CjqVwEF0
意味は通じるんだし、いいんじゃないの?

303 :( ´∀`)さん:2006/03/23(木) 21:26:05 ID:/UdakAsy0

     \ || /                      \‖/
           ┌┬┬┬┐                        ∩
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄||      || ̄ ̄ ̄ ̄||. ̄ ̄.| ||#######||########|
   /.    ∧// ∧ ∧| ||      ||    .||     ..||  ∧∧ ||.∧∧.| ||#######||########|
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||___||__.||     .[|||.へ(゚Д゚ )..|| ゚Д゚,,) ||#######||########|
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||      || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄∪ ̄|.| ̄ ̄ ̄ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄..|
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|東京精神病院 .|    ..  lO|o―o|O゜|======||===府中刑務所===|
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) .  |∈口∋ ̄_l__l⌒l_|____|___l⌒l__|≡≡))
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'          ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'     `ー'
          ∧                         .∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  オールスターで>>1をお迎えに上がりました!! お好きな車へ分乗願います!! |
\__ _________________________ ______/
    V       凸\_________/,凸、         . ∨._________
          ノ´⌒`ヽ三三三三三三三i三.ノ´⌒`ヽ、       ―――――――、      \ 〜〜
        [二ノ´金`ヽ二]二二二二二二i仁ノ´劵`ヽニフ     /.. ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||_____\〜
          ,.-┴―┬┴┐鬨鬩鬨鬩鬨鬨鬩鬨        /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  | \ 〜
          /∧∧ //∧ ||L匳匳||卅||匳匯||匳||       ..[/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局  |  |
       /_(゚д゚_//_゚Д゚,,)| |丗卅丗卅丗卅丗卅丗      ||_    _|_| ̄ ̄..∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 _,,,.-―''''"_,,,.-―''''"|コ ̄ ∪i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|    lO|――|O゜.|____.|.||-――――┴―|
i゙(}[王i王]I()0コ ―― |―――=|――多摩霊園――――〕    |_∈口∋ ̄_l__l⌒l |____l⌒lソ ≡))
|_∈口∋ ̄_l_l⌒l ノ       ノ      ___l⌒l_ソ≡))     .`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'
  ̄ ̄`ー' ̄ `ー' ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`ー'   `ー'




304 :( ´∀`)さん:2006/03/28(火) 11:47:44 ID:Bvy12C+70
保守

305 : ◆0nBF9OQDXU :2006/03/30(木) 18:39:15 ID:uIVpm2cD0
             ,,、-''"´  ̄ ̄ `゙''- 、
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\            ・    愛
         /;;;;;;;;;;;;;;;へ;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ              ・      し
        //;;;;;;;;;;;;;/;;/;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ.             ・    て
       /;;/;;//  /;;|;;;;|;ヾ;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ             あ    あ
       /;;/;;/;;| /;;;;;|;;;;|;;;ヾ;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ             な    げ
      /;;/;;/ ;;|;;;| ;;;;/;;/;;;;;;;ヾ;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽヽ;;;;ヽ           た.     ら
      |;;;|;;;| ;;;;|;;;| _,,,,_    _,,,,_.  .|;;;;;;|;;;;;;;;;|         は     れ
      |;;;|;;;| ;;;;|;;;| ト'゙:::゙i   | '゙:::゙i   |;;;;;;|;;;;;;;;;|         誰    ま
      |;;;|;;;| ;;;;|;;;| ヾ丿   ゞ゙゙丿  |;;;;;;|;;;;;;;;;|        か    し
      |;;;|;;;| ;;;;|;;;|           |;;;;;;|;;;;;;;;;|        を    た
      /;;/;;/;;;;/;;;ヽ   −     /|;;;;;;|;;;;;;;;;|                か
      /;;/;/;;;;;/;;;;/;;;` ー-、   /  |;;;;;;;|;;;;;;;;;|             ?
    /;;/;;/;;;;;/;;;;/;;;;/ハ ̄丿    / |;;;;;;;|;;;;;;;;;|
    /;;/;;/;;;;;/;;;ノ;;;;ノ/ ヽ´    /  |;;;;;;;|;;;;;;;;;|
  ///;;;/;;;/;;;ノ /    `r=' ´    |;;;;;/;;;;;;;;/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 シーンの徒然なる旅
________________________________
                             /ヽ  /ヽ
                             /  ヽ / :::ヽ
        僕     来              /   /  :::::ヽ
        に    る             /   /   ::::::::ヽ
        理     ん           /         ::::::::::ヽ
        解     だ           /          ::::::::::::ヽ
        で    ろ           |   ●        :::::::::::::|
        き    う              |               ::::::::::::|
        る    か           ヽ  ─         ::::::::::::|
        日    ・             ヽ         :::::::::::/
        が    ・              >        ::::::<
              ・             /         ::::::::ヽ
                              /          ::::::::ヽ
                          /           ::::::::ヽ


306 :( ´∀`)さん:2006/03/31(金) 20:53:42 ID:HP76zBXO0
超GJ!
でも台詞は右から左の方が読みやすい…

307 :14疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:35:19 ID:ifApirPC0





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          「泣く奴の心境がわからねぇな。」
________________________________






308 :13疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:36:34 ID:ifApirPC0
ベンチに座っている男が言った。
「俺にはわからねぇ、何で泣くんだ?」
更に男は続ける。



        ∧_∧
     γ(  .゚∀゚)
  |三三三 〉   ∪三三三|
  |\    `ヽ ヽ ヽ     \
    | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


                    /V\
                 (-・   )
                 (     )
                 | | |
                    (_(__)

309 :12疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:38:12 ID:ifApirPC0
「俺はこれまで一度も泣いたことがねぇからわからねぇんだけどよ、
 泣くのって疲れるらしいじゃねぇか。"泣きつかれた"とかよく聞くし…」
男は黙って聞いている。


        ∧_∧
     γ(‐∀‐ )
  |三三三 〉   ∪三三三|
  |\    `ヽ ヽ ヽ     \
    | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


                    /V\
                 (-・   )
                 (£   )
                 | | |
                    (_(__)

310 :11疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:39:30 ID:ifApirPC0
「第一、体から水出すんだぜ?ただたんに水の無駄遣いじゃねぇか。
 それに、泣く理由もわけがわからねぇ。」
      ~~~~~~~~~


        ∧_∧
     γ(゚∀‐  )
  |三三三 〉   ∪三三三|
  |\    `ヽ ヽ ヽ     \
    | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


                    /V\
                 (-・   )
                 (£   )
                 | | |
                    (_(__)

311 :10疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:40:26 ID:ifApirPC0
「大切な人が死んだから?何だよそれ。
 人間、生きてりゃ死ぬのは当たり前だろ。
 遅かれ早かれ、いつかは皆死んでいくんだ。それをいちいち
 悲しんでたらきりがねぇじゃねぇのよ。
 運命なんだよ、そう割り切れない奴は、おれぁ嫌いだね」





        ∧∧
       (*,/∩
        (_ノヽ)
      〜|  |      ∧∧ ノ
.          し`J     (;;;;;;;;と⌒つ
                 ;:;;*;∴:;;
                 ∵;;:*;;;::

312 :9疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:41:18 ID:ifApirPC0
「おめぇはどう思うよ、何で泣くのか。」
急に振られて男は少し戸惑ったが、
「…わかりませんね。」
と答えた。



        ∧_∧
     γ(  .゚∀゚)
  |三三三 〉   ∪三三三|
  |\    `ヽ ヽ ヽ     \
    | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


                    /V\
                 (-・   )
                 (£   )
                 | | |
                    (_(__)

313 :8疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:42:22 ID:ifApirPC0
「やっぱりな、それが普通だって。なんせ」
「私にはわかりませんが…」
男は、ベンチに座っている男の話をさえぎって
「でも、これだけは確かだと思います。」



        ∧_∧
     γ(  .゚∀゚)
  |三三三 〉   ∪三三三|
  |\    `ヽ ヽ ヽ     \
    | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


                    /V\
                 (-・   )
                 (£   )
                 | | |
                    (_(__)

314 :7疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:43:57 ID:ifApirPC0
「大切な人がいるからこそ、何かができることもある。
 大切な人がいるからこそ、その人を守るために強くなれることもある。」



            ∧∧  .∧∧
           (,,゚Д゚)  (゚ー゚*)
            し  つと   ∪
          〜|   |   |  |〜
            し`J .  し`J

315 :6疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:45:19 ID:ifApirPC0



「大切な人のために流す涙なら、私は無駄じゃないと思います。」



            ∧∧     ∧∧
           (;゚Д゚)   . (*T -)
           (つ つ    (   )
          〜|   |    〜|  |
            し`J    .  し`J

                ↑
            これはちょっと違う

316 :5疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:46:36 ID:ifApirPC0
「はっ、おめぇもそういうくちかよ。」
ベンチの男は怒って、
「おめぇとはもう話したくねぇよ!さっさとどっかいっちまえ!」
「……わかりました。」


        ∧_∧
     γ(#.゚∀゚)
  |三三三 〉   ∪三三三|
  |\    `ヽ ヽ ヽ     \
    | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


                    /V\
                 (- ‐  )
                 (     )
                 | | |
                    (_(__)

317 :4疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:47:55 ID:ifApirPC0

                   ∧_∧
                γ(.゚∀゚#)
             |三三三 〉   ∪三三三|
             |\    `ヽ ヽ ヽ     \
               | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|


             /V\
          (- ‐  )
          (     )
           Y  人
           (_)ヽJ

318 :3疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:49:16 ID:ifApirPC0


                    ・・・・・・。
                   ∧_∧
                γ(.゚−゚  )
             |三三三 〉   ∪三三三|
             |\    `ヽ ヽ ヽ     \
               | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|



319 :2疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:50:31 ID:ifApirPC0


                    ・・・大切な人のため・・・だとよ。
                       笑っちまうぜ…。
                   ∧_∧
                γ(.。_。   )
             |三三三 〉   ∪三三三|
             |\    `ヽ ヽ ヽ     \
               | ̄ ̄ ̄''し´`J ̄ ̄ ̄ ̄|



320 :1疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/03/32(土) 15:51:48 ID:ifApirPC0
;;\  /      l
;;;;;;;;⌒;;;;;;;;;;;;;;;;;  l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  l  ばかみてぇ……。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  l
;;;;;;;;;;;;;;;;;; i+;;;;;;  l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | ;;;;;;;  l
\    /     l
  \../    /
        <
         \


                ―糸冬―

321 :( ´∀`)さん:2006/04/02(日) 01:12:05 ID:Ka0+8cfE0


322 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/04/04(火) 18:11:14 ID:V8KTQvhb0
ずっと放置状態なスレで申し訳ない
一応原案はできてるのにAAにする時間や気力が・・・


            ∫     
   ∧,,,,∧     ∬   ,へへ
  彡,,‐д‐彡っ━~    (#゚ー゚)
_と~,,  ~,,,ノ_.         ( ∞)
    ミ,,,,/~), │ ━━━┳┷┷━      :
 ̄ ̄ ̄ .じ'J ̄ ̄|     ┃      :⊂, ⌒ ヽ ))
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ┻      : と     ): 
                      : ( ( ( :
                       :(__)_):

疾風さん、◆0nBF9OQDXUさん、名無しの方々
いつもご迷惑をおかけしています
そしてありがとうございます

323 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/06(木) 09:17:38 ID:Mv4TBX1r0
ほうほう、それでそれで?(スイマセン
気にしなくていいですよ、俺だって学生なのに(ry
ところでこのカッコ、いいですね。
使わせていただきますw


   ∧,,,,∧  そういえばこんなかっこした
  彡,,-д-彡 フサがいたなぁ。
_と~,, ~━と_)_
    ミ,,,,/~), |
 ̄ ̄ ̄ ̄じ'J ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~

324 :( ´∀`)さん:2006/04/06(木) 16:02:20 ID:oqMugOUq0
>>黙音氏&疾風氏

やあ (´・ω・`)

ようこそ、AAハウスへ。
↓このニラ茶は忙しい君へのサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。


うん、ふざけてるわけではないんだ。済まない。
クレクレ君という言葉もあるしね、無理してAAを書いてもらおうとは思っていない。

でも、AAを書こうとしたとき、君達は、きっととてつもない
「面倒」みたいなものを感じた思う。
殺伐としたこのスレの中で、AAを書くべき人は君達しかいないということ忘れないで欲しい
そう思って、このレスをしたんだ。


じゃあ、皆の期待に応えてもらおうか。


325 :疾風 ◆SIINrsA3Ig :2006/04/07(金) 22:53:35 ID:vA9WidT00

       /ヽ       /ヽ
    ,  /  ヽ     /  ヽ 
     /   ヽ    /    ヽ  オメェとはもう話したくねぇよ!
   . /     ヽ-‐-/     ヽ  さっさとどっかにいっちまえ!
    l            」 L l
    l  (⌒)    (⌒) ┐Γ l
/^\.l   `~       ⌒‐-.,   l
    l .    ___/+l     l
    \    ̄ ̄ ̄ ̄    /
                 <______
 ̄ ̄ ̄|             \
三三三l           Y    \三三三三
三三三l            |     l三三三三
三三三l            |     l三三三三/
三三三l            |     l    /
三三三l                   /
                      /
        _________/
      /
     /
   /
  /
/                   …わかりました。
        /ヽ      /ヽ
      . /   ヽ    /  ヽ
      /   . ヽ  /    ヽ
      /      ヽ/      l
     l              l
     l―     ー―      l
     l              l
     .l   __        l
      ヽ            /
       >        . <
     /             \
     l               l

ネタはないので、拡大絵を…。まだあまりうまくないんだけどな。

326 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/04/10(月) 21:37:33 ID:UdQqelLR0
>>324
ははは、こやつめ


                                     ,  ´ ̄`  、
         僕が旅する                   /  (;;;)    ヽ
                                   へ          
                その理由は・・・・        i           ノ\
                                  |             \
                                  l、          ,,,,   \
                                   ヽ、     。○ ゚\ ̄"""
                                    i    。()      i
                                   | 。0゚         |
                         , ⌒ヽ      |⌒ヽ        |    |
                        /    \     |ヽ.        |    |
                      /       \  │          |    │
             , ー 、   /          ヽ /ヽ、,./       ! |    |
            /    ヽ  /        , - 、    V           i´ |   ヽ
            |     `ー――――――――――ー          |  |    \
           |                                 | ヽ     ヽ
           |                                ノ   \     ヽ、
            |                              ,       ` 、    )
            ヽ、___________,,  -- ―――  ´          ー

                                                 
                                                シーンの徒然なる旅


ごめんマスター。話作る時間はなかったんだ
なので一枚絵

327 :( ´∀`)さん:2006/04/10(月) 23:44:51 ID:kf/61gzU0
>>325 >>326 どちらもすばらしいです。乙。

328 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/11(火) 19:12:14 ID:cLRE9xej0
ちょ!黙音氏!ここ保存されてましたよ!!

http://iea.pinoko.biz/



      ∧,,,,∧ うほー、すごくうれしいw
    ('彡*-д-彡')
     ヽミ  ミノ
     〜ミ  ミ
       し`J

329 :( ´∀`)さん:2006/04/12(水) 10:36:31 ID:LNeaoJvR0
>>疾風氏
マジ━━━━━(゚Д゚;)━━━━━??!
スゲ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

330 :( ´∀`)さん:2006/04/12(水) 14:44:04 ID:XWe9UB6t0
いまググッてきたけど結構色々な所に保管されてるみたい
http://scenelog.hp.infoseek.co.jp/
とか
http://spc.2-d.jp/SPC/
とか


331 :329:2006/04/14(金) 10:18:47 ID:mFnOKNgf0
>>330
arigatou

332 :24疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:15:00 ID:tfWOZEkp0



         ./V\
         ( ・−-))
         ( つ囗 ノ
         | | |
         (__)_)


 「何か違う」そんなふうに今を疑っては
 狭い折に閉じ込めていた地図に手を伸ばすよ

333 :23疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:16:15 ID:tfWOZEkp0



   .    /V\         /V\
       ( ・−・)         ('(>−< )
       (つ答と)         ヽ£ . )
       | | |         | | |
       (__)_)         (_(__)


  欲しいものは的を得ている答えばかりではない
     ハジケすぎな論理でもいい

334 :22疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:17:15 ID:tfWOZEkp0



       . /V\
       ( ・ー・)
       (   £)
        人  Y
        し(_)


   無謀なたびに出よう

335 :21疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:18:14 ID:tfWOZEkp0


                /|    /|
               /   |  /  |
             /  .  |/     | 彡
           /      |      | 彡
       彡 /              ヽ
         彡 l                l 彡彡
         l         (;;;;)     l
    彡彡  l                l 彡
           l             ――l
      彡彡 l               l   彡
          >            < 
          /               ヽ
         |               ヽ |
          |     |          | |
          |     |          | |

  すれ違ったあの風はもう二度と会えないもの


336 :20疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:20:14 ID:tfWOZEkp0
                  ― .( ゚∀゚ ) ―
                      \_/
                   /     \
     /ヽ       /ヽ       |
     /  ヽ      /  ヽ
    /   ヽ     /   ヽ__
    /    ヽ-−-/     ヽ  \
   l               l    \
   l               lヽ    |
   l               l |    |
    l              l |    |
    >           </     |
   /                  /
  |   |              /
  |   |             /
  |     |            |
  \    ̄⌒l          |
    \__,,,,l          |

  だけど儚くも大らかに空を駆けていった

337 :19疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:22:15 ID:tfWOZEkp0


   ∧,∧              囗三三
  (,,‐ -)             (´∀`;)
   ( (S),)             と    つ
 .〜|  |              ( ( (
    し`J              (_(_)
           ∧_∧
         ○( ・ー・ )
          \   と)
           l⌒I  |
      .      (_) J

望むのなら願うのならあきらめずに進もう

338 :18疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:24:34 ID:tfWOZEkp0

         ∩∧∧∩       ∧_∧    
         ヽ(;゚Д゚)ノ     ┓(@u‡ )
           |  |       ⊂    )
         〜|  |        | | |
  .           し`J     .   (_(__)

      渡り歩くこの世界は時に厳しいけど

339 :17疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 14:26:44 ID:tfWOZEkp0

            /V\
           ..(,, ・−)    ▲              .λ_λ 
           .(   £)     ⊂⊃   □       (`ー´ )
       .  |l .| | | l| SS    ○        .⊂/   ヽ
         .  (__)_)◇   △  ■        ⊂_⊂_人)
                          ●

      まだ見えないまだ知らない道がそこにあるなら

340 :16疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:35:09 ID:tfWOZEkp0
 :..:.wWw.::.. ..::                 ~"''‐.- ,.
 , "," ,  ",,"",,",","," ,  """"""""   """, , "   " " ","," " ",," , "  ,,"
 , , ,  ,   ,,        , ,  ,  ,   ,, " ",," , "  ,,"" "",,  , ,  , 
。r-‐‐''"  ,  ,.,,        , ,  ,  ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",," , "  
  " " ",","""""""  "",, "" "",,  " ""、∧_∧  """   """     """"。r-‐‐''" 
",      、,.,",,"",,"," ::.. ..::  ,,"",,",",",((∩゚〜゚*) "    ,, "   """"""  """,, " ""      
,  ",,"",,",",. "",, " ,,"",, "",,  ,,"",,","," 丶と⌒丶    , , " ",,"",,",","," ,,"",,",",",","," 
 , , ,  ,  ",,",","," ""   """"        , (_入_ノ "",,",",,"",,",",",,   ,,  。r-‐‐''"   
  " " ","," " ",,"  , "  ,,"" "",, " ,"," " ",," , ":..:.wWw.::. ,,"",,",",,"",,",",",",
"""../V\  """   ""","," " ",,"  ..:.wWw.::.. ."""   "".  ~"''‐.- ,.   , "," ,
  (,, ・−)" " ",," , "  ,,"" "",, " ,,"",,",","," ,  ,  ","," " ",,"
"""(  £.)   """   """     """"   """"""  ""  """  """" ",,",",",","," " ",,
"   Y  人  """"""      """    "      ""    """""  ","," " ",," , "
 , ",(_」 J" ,",,",","" :..:.wWw.::.. ."""   ""  """   """"""‐.- 
       
       夢は生まれほんの少し僕を強くさせるよ

341 :15疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:39:10 ID:tfWOZEkp0

           /V\
       ○( ・ー・ )
        \ £. て)
            |^ .|. |
       . (_|_)

   Hello, Mr. traveling man

342 :14疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:41:38 ID:tfWOZEkp0
    |
    |
    |
    |    /V\
    |   .(−・  )
    |   と£  )
    |   | |  |
    |   (_(__)
    |
    |
    |
    ↓

   「細く長く」そんなふうに堅実な毎日

343 :13疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:45:17 ID:tfWOZEkp0



     /V\         ∧_∧
     ( ;‐д○   . ('(  .゚∀゚)')            __
     (  £ノ     ヽ    /  →    と^⌒つ 。А。)
     | | .|      | l> >          ○ ̄∨ ̄∨
     (__)__)      川 | | |
                | | | |
                | |
                |

  落ち着かないポテンシャルを飼い殺してないか

344 :12疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:48:19 ID:tfWOZEkp0
                                      |
                                      |
        \                                  |
         \                           |
           \                                           /
             \                    ._,,,,,、---―――--、_
             .\              .,,,―''"^             .`゙'''ー-,,
               .\          _,-'''^                     `''-、、
                .\       ,/゛                           `'-、
                       ,/
                     ./
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ,,i
  さいたまさいたま!   >  ,/
__________/  ./
                  /    ○    |             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   /          |_             |  さいたまさいたまさいたま!
  さいたま〜〜〜! │ . ,l゙           | 'ー-、._         \
_______  ._/ ..l゙           |      ゙̄'ー、__/     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∨    .l゙             |        /           /ヽ      /ヽ
          /ヽ       /ヽ              |      /.,―''''ヽ、      /  ヽ    /
 _____/  ヽ___ ,/  ヽ.        ._,,,,,,, |     / ,/    ヽ ○    /   ヽ   /
 ,_      /   ヽ  /    ヽ   ,/^   `'i,.|    /  .|      .ヽ   /     ヽ /
 " `'ヽ   ,/     ヽ ,/     ヽ..,/      ゙l, /    |       .゙l、,.l"
     ヽ/               ゙l、         l/      ゙l        .゙l"
     .|   ○ ヽ     /   ○  .゙l      .l゙       .゙l、      .l゙  ○ ヽ____/  ○
     |      ヽ ̄ ̄/       |      ,i´        ヽ      |      ヽ     /
     ゙l       ヽ  /       ./     ../          ヽ     .゙l,      ヽ   /
      ゙l       ヽ/       ./     ,/           .ヽ     .ヽ      ヽ  /
      `              "    .‐′             ヽ     ヽ      ヽ/

                  ぎらついた太陽は両手を拡げ待っている

345 :11疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:55:21 ID:tfWOZEkp0
              ∧_∧
       _⊂ ̄⌒(; ´∀`)二⊃
     ⊂__ ⌒) ⌒  ⌒つ_⊃
        ⊂__ ⌒__⊃
           ⊂__⊃


  もはやつまらぬ迷いや悩みなんて解けていった

346 :10疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 15:58:04 ID:tfWOZEkp0

     /__________________/
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::
     |::::::::::Cafe::::de:::::Nouvelle:::::C:::::::::::::::::::::::::::::::|/ii
     ⌒⌒ii⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒´  ||
        || |       ;;;;r─..  .:;|| /    || //  .. ||
        || | ∧∧ / .|| /V\ : ;||//   ∧_∧  _||
        || |. (*゚ー゚)  _||(・−・,,).,:||   .. (´<_`  ) .||
        || |_,⊃旦Ц .._(  £) │    (    ) _||//       
        ||〜(|__| ̄   ヽ  `)`)iニニニi( (  ノ... ||/     
        ^  U"U    `工し'し' __ノヽ__ しし工 ̄ ^      
                                 ̄            
      尽きる日まで朽ちる日までただひたすらに進もう

347 :9疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:00:32 ID:tfWOZEkp0
  ...:.:.:..... :...:: ::    ...:.:.:......::: ..::  ::... :.:..:.  ... . .    ...::::: ..:.:.:.:.....::::... ..::. ..:.
   ......:.:.:.. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ...    :.:.:...:.:... .:... .. . .. .  .. ...:.... ..   . .. :. ... .: . :
 . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.: .:.:.:.... .. ...: .... .:.:.:.:...... .. ... . .. :. ... .: . :
   .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
......:.:.:.:.:... .         .:.:.:.....   . .. .... ..    . .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .    ...: .:.:....
              ...............              .... .:.:. .. ... . .. :. ... .: . :

         ∧∧                  /V\
        (‐-‐*)                 ( ・−・)
         (   )                 (  £.)
         |  |〜                 .人  Y
         し`J                  .し(_)
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  ゙゙     ゙゙   ゙ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ゙゙゙    ゙゙゙゙     ゙゙      ゙゙゙    ゙゙゙゙
゙゙    ゙゙      ゙゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ゙゙゙     ゙゙      ゙゙     ゙゙    ゙
        ゙゙   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ゙     ゙゙      ゙           ゙
   ゙゙       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                     ゙
      ゙゙     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ゙ ゙    ゙゙      ゙゙       ゙゙      ゙゙
         ゙/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/              ゙゙       ゙゙       ゙゙

       すがりついたこの世界がときに冷たくても

348 :8疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:04:52 ID:tfWOZEkp0
                            (;;::;;:   ;;;;) ;;:::)
                          (;;::; (::;; )( ;;::;; )::;;;(:::: ::)
                         (::: (;;:: (:::::)  :::::) (::;; )  
                         (;;: (:::  (::;;;(:::: ::) ::;;;゛゛);;)
                          (,,゛:゛:;;;;;,,,(::;;;;;;;;);;;;;;:::):::;;;;)
                           ヾ(,,;;;;ノゝ::;;iii //;;;;)
                              ヾヽi:;;;iii|//
                               ヾ;;;iiiii/
                     ∧ ∧       |::;;;iii|
          /V\      ☆((^^ヽ☆      |::;;;iii|
          (,, ・−)      jl(ー^,,|||       |:;;;;iii|
          (  £)      と   )       |;;;;iiii|
          |  | |        │||       |;;;iiii;|
          (__)_)      (__(_)       |;;;iiii;|
                              .jrjjrj从wjwj从   
                            jwjjrj从jrjrj从jwjwjjr .

        もしも急にもしも不意に道が途切れたのなら

349 :7疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:08:00 ID:tfWOZEkp0
   ♪
∧ ノ
゚,,彡            /V\      
ミづ           (・−・ )   
ミ             (  £ )    
              | | |
             (__)_)    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,,  ww  ,,  ノし   ,,
       ,,,      ,,    ,,

敗れそうな僕の地図の2ページ目を破るよ

350 :6疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:11:52 ID:tfWOZEkp0

          ☆
   .  /V\ ノ
    ( ・ー- )
    (    b
    | | |
    (_,l._)

Hello, Mr. traveling man

351 :5疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:14:35 ID:tfWOZEkp0
                      
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;/V\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i | i| | !|+;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;( ・−・);;;;;;;;;;;;;;;;;;;+||i |i |i|+;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(   £);;;;;;;;;;;;;;;;;;+|!|!  i| | ;+;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+ |! i | i| |;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;(__)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |i ! | !|i|+;;;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

願うのなら望むのなら立ち止まらずに進もう

352 :4疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:16:56 ID:tfWOZEkp0
                         ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
                        (゙          ゙)
                         ヾ_    ,,_,,,,ノ
                           ゙゙゙`´´


          ,"゙`⌒゙゙⌒゙゙⌒丶
         (゙          ゙)
          ヾ_    ,,_,,,,ノ
            ゙゙゙`´´




        ∧∧
        (д‐ )
         (   )
         |  |
         し´J
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
"''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙ "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"
    "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙"''"'" .,  .,''"'" ''"゙"'''゙゙   '"゙
  "''"'" .,  .,''"'" ,., ''" " .,. ., ,.  ''"゙"'''゙゙   '"゙   " .,  ., '" .,.   ''"゙"'''゙゙   '"゙


            渡り歩くこの世界は時に厳しいけど

353 :3疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:23:46 ID:tfWOZEkp0
/ // // / /    /   /  /    /  / /   
/ / // / /  /  /  / //ザーザー  / / / /
//  / /    /       /  / //     /  //
/ // ///ザーザー/ /  / /   /   /  / 
///  /  / / /     / /   /  // / /
  / / /   / /     /   /   /  / / /
// / /V\ //   /  /  // ,,,,_∧ /   /
/  /( ・−・)//     // / / (;;#;;;;;) // //
//  (   £) // /  / //  / |;; ;∪ //  /
// / | | |//   //    /   |;;#,;|〜/   /
 /  (__)_)//  / /  // / .U"U //  //
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙

     まだ見えないまだ知らない道がそこにあるなら

354 :2疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:25:42 ID:tfWOZEkp0
     "           ゙         '              ,.
           ´                                  "
                                 ,
    "          "          '

           "                              ゙
   "                    '               ,.

           ,-‐ー-、,    "           ゙         '
          /ノノノハiノ
          /iハ ゚ ー゚ノ         "           ゙         '
         ノii/`iYi´〉
        ノノii| / ハ'
"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""''"' ""'"''"'"" ''""'"""''"'""'''" ''""''""'''""""'"""
 ,,,..  '""  ,,..   "''"  ,,.. ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..
゙゙゙゙゙´゙  ゙゙"",,.. "" ゙゙゙ ゙"゙",,..'  '""  ,,.. '"    ゙゙ ''""  ,,.. '"    ゙゙ ゙´"" ゙""
 ''""  ,,.. '"    ゙゙""     ''""  ,,.. '"    ゙゙""  ''""  ,,.. '"    ゙゙"" ""

              夢は生まれほんの少し僕を強くさせるよ

355 :1疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:27:25 ID:tfWOZEkp0
   ∧∧  囗三三  囗三三  囗三     λ_λ
  . (,,,゚ー) (´∀`; ) (・∀・ ) .(Д-,,)     (  ノA) ξ
   し  |  と と  ) (     ) と  つ     (    つ||
  〜  |  ( ( (  .| | |   |   |〜    | | | .||
  . し`J  .(_(_) .(_(__)  し`J     (__)_)||  ∧ ∧
                         ∧_∧       ☆((^^ヽ☆
       _    ∩_∩  .∧∧(\  ( .´_>`)       ji(ー^,,|||
    _/_、 _ |   (*゚ー゚) (゚ー゚*) \\\__ . )  ∧   . (   )
    ( <_, `#,,)   |つ つと   ) (\\\\.|  /´。ヽO_ーァ| l  `ヽ   
     <$くy/__>   し J (__(__つ.(\\\\\ {  々゚ l (__(/。´ `ヽ〉
     ゚|__:ll_ヽ            \\  | | | /<ヽ/>ヽ   { _々 ゚ l
      _ll _ll   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.| | |l_| |:  | つと  `7: /っ
             ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\  ∧∧.ヘ___|   / ̄ ̄l
     λ_λ  ∧_∧   ̄(//// ̄\\(,,゚Д゚) ∪     ∪ ̄∪
    . (`ー´*) (*゚〜゚)    (/(/// ̄(つ つ  ∧,,∧
    と/   ヽ /  つ        (/(/|  / ミ゚Д゚;彡
    と_と_人)(_入_)     .    (/((/ ∧ |  (ミ  ミ)
                            ∪ ∪  ミ  ミ〜
    ∧_∧ .∧∧   ∧_,,,  ∧∧             し`J
   (  ^^ )(゚Д゚,,)   (#゚;;-゚) (Д^,,)    ,-‐ー-、,    ∧_∧
   ( .    と   )   し;;;::;|  とT )    /ノノノハiノ    (゚∀゚   )
   | | | |  |〜.〜|;;#;;.|  |  |〜  /iiハ. ゚ -ノ    (    )
   .(_(__) し`J    し`J . し`J   ノii/`iYi´〉    | | |
                        ノノii| / ハ'    (_(__)

                  /V\
                    ( ・ー・ )
                    (     )
                   | | |
                  (_.|_)

Hello, Mr. traveling man

                                       ―糸冬―

356 :( ´∀`)さん:2006/04/15(土) 16:34:02 ID:uwC7jMpj0
疾風氏、乙です!

357 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:34:11 ID:tfWOZEkp0


―――――――――――――――――――

        Mr.Traveling man

―――――――――――――――――――

作詞:清水昭男

作曲:清水昭男

唄:TOKIO

358 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/15(土) 16:36:17 ID:tfWOZEkp0
えっと、今までここに作品を貼って下さった皆様、
勝手にAAを拝借させていただきました。
アリガトウゴザイマス。

  ∧,,,,∧ >>356さんドウモ…
 彡;-д-彡
  ミつとミ
 〜ミ  ミ
   し`J

359 :( ´∀`)さん:2006/04/15(土) 16:50:30 ID:GtyBiL3h0
>>疾風氏
すごい!!こんな素晴らしい人はじめてだ( *´∀`)♪
あんた最高だよ!!モナー板の英雄、いや2ちゃんねるの英雄だ!!!
↓これはほんのお礼です!!デスクトップの背景画像にでもしてください。

http://61.197.151.26/20060415678540/omote/img3/2004090330.jpg
風の谷のナウシカ
http://61.197.151.26/20060415678540/omote/img200501/2005011409DD7D7.jpg
Smooth River
http://61.197.151.26/20060415678540/omote/img200504/2005042632A8DA1.jpg
This is Nippon!!
http://61.197.151.26/20060415678540/omote/img/2003070401.jpg
傘雲

360 :( ´∀`)さん:2006/04/15(土) 23:54:45 ID:NKO34WjF0
>>359 そうゆうのは止めろ

361 :359:2006/04/16(日) 12:36:45 ID:ya+SNgn10
>>360
                 ┌─┐
                 |も.|
                 |う |
                 │来│
                 │ね│
                 │え .|
                 │よ .|
      バカ    ゴルァ  │ !!.│
                 └─┤    プンプン
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎

362 :359:2006/04/16(日) 13:01:16 ID:ya+SNgn10
と、思ったがその前に1つ良いNEWSを残しておく

http://scenelog.hp.infoseek.co.jp/

363 :( ´∀`)さん:2006/04/17(月) 17:32:20 ID:GCdPQS3/0
>>362
わーお

364 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/04/17(月) 22:45:04 ID:qAto+j970
自分がいない間にすごいことになっていますね
・・・たとえスレに必要なくなっても現れますよ
・・・疾風さんにはお世話になっております・・・

気力があって気が向けば
今参加してるやつとのリンクネタかきます

365 :( ´∀`)さん:2006/04/18(火) 11:21:22 ID:NI3UrE+/0
>>黙音氏
な、何をおっしゃいます?!
黙音氏が必要ないなんてありえないですよ!

366 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/18(火) 20:39:13 ID:2lMOfjXg0
黙音氏ぃ…あなたあっての
『シーンの徒然なる旅』じゃないですか。
それにリンクネタ、すっごく楽しみにしてますよ。

367 :( ´∀`)さん:2006/04/19(水) 19:39:23 ID:mapEN4MT0
>>黙音氏&疾風氏

やあ (´・ω・`)

ようこそ、AAハウスへ。
↓このニラ茶は忙しいあなたへのサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。


うん、ふざけてるわけではないんだ。済まない。
クレクレ君という言葉もあるしね、無理してAAを書いてもらおうとは思っていない。

でも、AAを書こうとしたとき、あなたは、きっととてつもない
「面倒」みたいなものを感じた思う。
殺伐としたこのスレの中で、あなたはAAを書く数少ない一人だということ忘れないで欲しい
そう思って、このレスをしたんだ。


じゃあ、皆の期待に応えてもらおうか。

368 :( ´∀`)さん:2006/04/19(水) 19:40:08 ID:mapEN4MT0

× >>黙音氏&疾風氏
○ >>黙音氏

369 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:52:22 ID:lcHqpUGF0






--------本スレとは関わりをもつような、もたないような世界



    ∩ ∩
     | | | |
    ( ゚ω゚) <KOF3 さいてん、ほかんは↓から
    。ノДヽ。
     bb



370 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:53:09 ID:lcHqpUGF0





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  「どいてよ!」
________________________________






371 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:53:58 ID:lcHqpUGF0

たくさんの小さな子どもが、男に言いました
「どいてよ!邪魔なんだ!」
「どこにいくの?」
「戦場さ」
「なにをしに」
「戦争を終わらせるためだよ」





                    ./V\                ΛΛ
                   (,, ・−・)               (゚ー゚*]
                   (  £ )          ▲?▲  Λ_,,,)~
                   | | |          (゚∀゚+) (゚∀~*Λ_Λ
                   (__)_)          ( λ_λ (  (∀` ミ
                                   (・∀・,,)  (   )
                                    (  )   ∪∪

372 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:54:52 ID:lcHqpUGF0

小さな子どもは、胸を張って言いました
「僕達が戦争を終わらせるんだ。それをがんばるんだ!」
「そう。君達で戦争が終わるの?」
「そうさ!そう言われてきたからね」




                    ./V\                ΛΛ
                   (,, ・−)               (ー゚*]
                   (   £)           ▲?▲ Λ_,,,)~
                   | | |        E=  (∀゚*) (∀~*Λ_Λ
                   (__)_)          ( λ_λ(  )(∀`*ミ
                                   (∀・ *)   (   )
                                    (  )    ∪∪

373 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:55:42 ID:lcHqpUGF0

「へぇ。じゃあ、がんばってね」
「うん!」
たくさんの小さな子どもは、道を通って
遠くへ、遠くへ走って行きました


              ΛΛ
              [*゚ー゚)
        ▲?▲  Λ_,,,)~                         /V\
        (゚∀゚+) (゚∀~*Λ_Λ                      (・−・ ,,)) ))
         ( λ_λ (  彡´∀∩                     (   £/
            (∀< ,,)   (   ノ                     | | |
           (  )   ∪∪                      (__)_)

374 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:56:28 ID:lcHqpUGF0

男はそれを見送っていると





                                           /V\
                                           (・−・ ,,)
                                           (   £)
                                            | | |
                                           (__)_)

375 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 20:57:15 ID:lcHqpUGF0

疲れた様子の青年が、隣に
いるのに気がつきました
「どうしたんですか?」
「あんなことをいったがな」



                   /V\        λ_,,,
                   (,, ・−・)      (,,´−)
                   (   £)       (;; ;;;|
                     | | |.        |;; ;;;|
                   (__)_)       ∪∪

376 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:03:20 ID:lcHqpUGF0

青年は唐突に語りだしました
「戦争など、終わらない。誰が行ってもな」
「どうして?」
「全てが破壊されないと、終わらないんだ。それが戦争さ」



                   /V\        λ_,,,
                   (,, ・−・)      (−`,,)
                   (   £)        |;;; ;;)
                     | | |.        |;; ;;;|
                   (__)_)       ∪∪

377 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:04:15 ID:lcHqpUGF0

「でも、あの子達は終わると信じてたみたいですけど」
「俺がそういったんだ」
「なぜ?」
「それが、俺ににいわれたことだからだ」
青年はため息をついて



                   /V\        λ_,,,
                   (,, ・−)      (ー`;)
                   (   £)        |;;; ;;)
                     | | |.        |;; ;;;|
                   (__)_)       ∪∪

378 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:05:12 ID:lcHqpUGF0

「堂々巡りなんだよ。子ども達が行って、そして生き残ったものは
 弱者とされ、そしてまた子ども達に
 俺よりつよいのだから、お前達なら終わらせることが出来ると
 それの繰り返しなんだ」
「ふぅん」
男は、頷きました




                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | アパム!アパム!次の!次の捨て駒持ってこい!アパーーーム!
                 \_____  _____________________
                          ∨
                                / ̄ ̄ \ジンインブソク
                /\     _. /  ̄ ̄\  |_____.|     / ̄\
               /| ̄ ̄|\/_ ヽ |____ |∩(・∀・;||┘  | ̄ ̄| ̄ ̄|
             / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  (´д`; ||┘ _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
             / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ” つつ[三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
            / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
           / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
              ̄ ̄        /|\

379 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:06:03 ID:lcHqpUGF0
10
「なぁ、お前は助けてくれないか?」
「なにをですか?」
「もしかして、よそ者のお前なら終わらせることが出来るかもしれない
 恩賞も与えよう。どうだ?」



                   /V\        λ_,,,
                   (,, ・−)      (−`;)
                   (   £)        |;;; ;;)
                     | | |.        |;; ;;;|
                   (__)_)       ∪∪

380 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:06:56 ID:lcHqpUGF0
11
「お断りします」
男は、微笑んだ
「別に、興味もないので」
「・・・・そうか」




                   /V\        λ_,,,
                   (,, ・ー)      (ー`;)=3
                   (   £)        |;;; ;;)
                     | | |.        |;; ;;;|
                   (__)_)       ∪∪

381 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:08:07 ID:lcHqpUGF0
12
青年は苦笑して、歩き出しました
「どこへ?」
「次の子どもを見つけなきゃならん」
「どうして」
「終わるまで、やりつづけるからさ」

                              λ_,,,
                             (ー`,,)
                              (;; ;;;|
                              |;; ;;;|
                   /V\        .し∪
                   (,,   ・)
                   (    )
                     | | |.
                   (__)_)

382 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:08:56 ID:lcHqpUGF0
13
青年は、ゆっくりと歩いて行きました






                   /V\
                   (,,   ・)
                   (    )
                     | | |
                   (__)_)


383 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:09:54 ID:lcHqpUGF0
14
男は、それをぼんやり眺めていました








                   /V\
                   (,, ・−・)
                   (  £ )
                     | | |.
                   (__)_)

384 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:15:55 ID:lcHqpUGF0











_  _,,,_________、____  _   
  `i                       ̄く^ | ̄ |
  |                         \|  │
  |                          `ヽJ
  |                            .|.   |  『-----男は、それをぼんやり眺めていました』   │
  | 男は、それをぼんやり眺めていました    │. │.                                |
  |                            |   `ー―――――――――――――――――┐┌――┘
  |                            |                             //
  |                            |                              ̄
  |                            |
  |                            |_
  |                            |  \
  |                            |";";;: \
  |                            |  # ;.: \
  |       /V\           ;;;; ̄ ヽ  |ヽ   .''.:;  \
  |      (,, ・−・)         (  #;; ;;;; \レ`  ;.: .    i
  |      (  £ )          \;;;;;;;;;  ;.: .    .:, ;,;  |
  |       | | |.             \;;;;;;.     ;;;;;;     |
  |      (__)_).             \. .,; メ; .  .;;;;;;; |
  |                          \        │
  |、              ,,              ,\::" ; ;;; . ; |
~~´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  i

385 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:16:43 ID:lcHqpUGF0





                                             |
                                             | ---というお話だったのサ
         /^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ヽ     \___  _______
         | ΛΛ   Λ_Λ   ▲?▲  Λ_,,,     λ_λ  |        λ_,,, l/
         |([*~ーっ⌒(ー−*ミ゙゙゙(-∀-*)^(*-∀~∩⌒^(,, ・∀)⌒)      (ー`,,)
       / ~~~~"⌒ヽヽc   っ/∪ ̄~~゙゙"⊂、  っ ̄"⌒"~~"⌒ ヽ、    [と;;; ;|
      /        \  ̄~ヽっ        ∪ ´            ヽ、.   r;;; ;;/
    ,/            ̄ ̄ ̄                           ヽ、とノT
  /                                    ,_,.,_,., , ヽ 
  i~" "~'' "~~"' "~ ~ ~ "'"  ~ "~'" ~'"~ ~"' ~"' ~ "~'" ~'"~ ~ "~ ~ "'~" "~''~i
  川ヽ                                           /|||
     ̄~ ~~ ~~"""゙ ゙゙ ~~""" ~~~~'''' ー  − ~~~ ~~~~゙゙゙`ー  ´  ゙゙̄

386 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:17:31 ID:lcHqpUGF0

                                         ・・・やれやれ、またお前が残ったか. |
                                        ――――――――y―――――――┘

                                            
                               /
                              (  ・・・・ねぇにいちゃん
                                ̄ ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ヽ
         | ΛΛ   Λ_Λ   ▲?▲  Λ_,,,     λ_λ  |        λ_,,,
         |([*~O) ⌒彡*-∀)゙゙゙ (-〜-*)^(* -∀∩⌒^(,, ・−)⌒)      (ー`,,)
       / ~~~~"⌒ヽヽc   っ/∪ ̄~~゙゙"ヽっ  っ ̄"⌒"~~"⌒ ヽ、     |;;; ;;)
      /        \  ̄~ヽっ       ∪ ´            ヽ、.   r;;; ;;/
    ,/            ̄ ̄ ̄                           ヽ、とノT_λ____
  /                                    ,_,.,_,., , ヽ  ( なんだ? 
  i~" "~'' "~~"' "~ ~ ~ "'"  ~ "~'" ~'"~ ~"' ~"' ~ "~'" ~'"~ ~ "~ ~ "'~" "~''~i
  川ヽ                                           /|||
     ̄~ ~~ ~~"""゙ ゙゙ ~~""" ~~~~'''' ー  − ~~~ ~~~~゙゙゙`ー  ´  ゙̄"

387 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:18:30 ID:lcHqpUGF0




                     どうして、戦争っておこるのかな?





388 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:19:16 ID:lcHqpUGF0




                                     
         /^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ヽ
         | ΛΛ   Λ_Λ   ▲?▲  Λ_,,,     ;λ_λ; |       λ_,,,
         |([*~〜) ⌒(∀-*ミ゙゙゙ (-*  )^(〜~*∩ ⌒^;(,, −);⌒)      (−`;)
       / ~~~~"⌒ヽヽc   っ/"" ̄~~゙゙"ヽっ  っ ̄"⌒"~~"⌒ ヽ、      |;;; ;;)
      /        \ c  っ       ∪ ´            ヽ、.   r;;; ;;/
    ,/            ̄ ̄ ̄                           ヽ、とノT
  /                                    ,_,.,_,., , ヽ
  i~" "~'' "~~"' "~ ~ ~ "'"  ~ "~'" ~'"~ ~"' ~"' ~ "~'" ~'"~ ~ "~ ~ "'~" "~''~i
  川ヽ                                           /|||
     ̄~ ~~ ~~"""゙ ゙゙ ~~""" ~~~~'''' ー  − ~~~ ~~~~゙゙゙`ー  ´  ゙゙̄

389 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:20:06 ID:lcHqpUGF0




                      さあ・・・・どうしてだろうな





390 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:20:54 ID:lcHqpUGF0

                                          \さ、そろそろ寝るぞ。
                                             ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                    うん・・・・.  |
                                   ――y―――┘
                                     
         /^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ヽ
         | ΛΛ   Λ_Λ   ▲?▲  Λ_,,,     λ_λ |       λ_,,,
         |([*~〜) ⌒(∀-*ミ゙゙゙ (。-* )^(〜~*∩ ⌒^(,, ~−)⌒)     (、 ,,)
       / ~~~~"⌒ヽヽcc ヽ//"" ̄~~゙゙"ヽっ  っ ̄"⌒"~~"⌒  ヽ、    /;;; ;;) ))
      /        \ ccノ /        ∪ ´            ヽ、 .∪;; ;|
    ,/            ̄ ̄ ̄                           ヽ ととT
  /                                    ,_,.,_,., , ヽ
  i~" "~'' "~~"' "~ ~ ~ "'"  ~ "~'" ~'"~ ~"' ~"' ~ "~'" ~'"~ ~ "~ ~ "'~" "~''~i
  川ヽ                                           /|||
     ̄~ ~~ ~~"""゙ ゙゙ ~~""" ~~~~'''' ー  − ~~~ ~~~~゙゙゙`ー  ´  ゙゙̄



                    大人達のエゴ、見栄、欲望

                       子ども達には説明し辛い理由

391 :( ´∀`)さん:2006/04/21(金) 21:21:54 ID:lcHqpUGF0
                                    | おやすみ
                                    `ーy――――

                             ・・・・おやすみなさい  |
                             ――――y―――― ´
         /^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^λ_,,,
         | ΛΛ   Λ_Λ   ▲?▲ Λ_,,,   λ_λ (ー`,,)
         |([*~〜) ⌒(∀-*ミ゙゙゙ (Д-*(と ~*  )⌒(,, ~ー)(;;; ;;ヽ
       / ~~~~"⌒"" ~'"~ ~" ̄~~゙゙"~ "~'" ̄"⌒" ̄"⌒"~~"⌒⌒ ヽ、
      /                                     ヽ、
    ,/                                          ヽ   T
  /                                    ,_,.,_,., , ヽ
  i~" "~'' "~~"' "~ ~ ~ "'"  ~ "~'" ~'"~ ~"' ~"' ~ "~'" ~'"~ ~ "~ ~ "'~" "~''~i
  川ヽ                                           /|||
     ̄~ ~~ ~~"""゙ ゙゙ ~~""" ~~~~'''' ー  − ~~~ ~~~~゙゙゙`ー  ´  ゙゙̄



                    こいつらはまだ知らなくていい世界

                        だけど、今の世界は、お前達にさえ厳しい

392 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/04/21(金) 21:30:12 ID:lcHqpUGF0


                    お前達に火の粉を浴びせるわけにはいかない

                          その時は、俺達が盾になろう


                     _  _________,,,_______
                    (   `´                        |
                    ノ   幾多の銃は                  |
                   ヽ、       戦車の前に捻じ伏せられた   |
                    |                           !
                    |                     クラスト著 i、
                    |                             |
                    |                             |
                    |                             |
                    |                             |
                    |            ./V\               |
                    |           ( ・−・)           |
                    |           (つ旦と)           |
                    |           と_)_)            |
                    |                             |
                    |                             |
                    |                   _____.   |
                    |                  || KOFHN3 ||.  |
                    |                  || 魔法王国 ||.  |
                    |  反戦思想の内容のため || ITURDOS||.  |
                    |  本書の出版を禁ずる    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
                    `ー―――――――――――――――――'´


                          Not mission  ・・・end


393 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/04/22(土) 07:28:52 ID:H4kPlG6J0
乙&GJ!
なっかなか…。流石。

394 :( ´∀`)さん:2006/04/22(土) 15:25:09 ID:g8gUeWp/0
SUGEEEEEEEEEEEEEE!!!
しかしそれにしても、ずっと自らの名を明かさず、
最後の最後で名を明かすというのは、なんかダンディーですね黙音氏ww

395 :◆EvPOC3DQN2 :2006/04/22(土) 19:31:12 ID:g8XzpfVO0

                        _  /   / _ 
              /\/\ |  \   \ |  〇  /\/
                         ̄  /   /  ̄
       ┌―            |>  |    ┌─‐ __ ┌─‐  / /
       |__  〇  /\/\   |    |_  ├─   |  .├―   o o
                                     ̄ ̄         ̄ ̄
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |  どーもどーも、スレ主(多分)の依頼を受け、はるばる長編板より参りました。 |
    |  僭越ながら此度のネタを某スレのルールに則って採点させて頂くぜ。     |
   \______________  _________________/
                           ∨

                             λλ
                         _(゚;;゚ ) )_
                        , '"⌒, −、, - 、ヽ
                          l゙ヾ ''i、 。_ ,i、_。) ゙)
                        ゝ 、彡ヾ/ ヾ、,,ノ
                       ヾ 二´,,ノヾ ,,ノ'
                          〉 ヾ、 + )l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    /__l
    (゜−・,,)  黙音 ◆Scine.nPyE
  ttp://aa5.2ch.net/test/read.cgi/mona/1134815899/369-392
  技術:470P ネタ・ストーリー:560P 戦争とは何か:400P
  【合計1430P】+「金」の七曜石獲得
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

396 :( ´∀`)さん:2006/04/23(日) 09:36:36 ID:F+25ASU60
>392
すごく、いい話だ!
向こうでも頑張って下さい!

>395
ちょwwwなぜここにwwwww

397 :( ´∀`)さん:2006/04/23(日) 16:37:37 ID:SiMSIXVG0
黙音氏お疲れさまです
やはりあなたの作品はいい!
漏れにとってはあなたが必要です

>>395
で、でたーーーーー(;´Д`)
V氏が降臨なされたw

398 :( ´∀`)さん:2006/04/24(月) 20:07:11 ID:0Ts1I/po0
やべぇw神スレだw

399 :( ´∀`)さん:2006/05/01(月) 21:28:08 ID:EUwSxqQj0
保守

400 :( ´∀`)さん:2006/05/08(月) 20:30:57 ID:qvevD7ed0
保守

401 :( ´∀`)さん:2006/05/13(土) 13:09:14 ID:4gvCGYdG0
保守

402 :黙音 ◆Scine.nPyE :2006/05/13(土) 20:24:38 ID:/PzqsHZe0
プロットはできてる。後はAA化
・・・放っておいて申し訳ありません

403 :疾風 ◆2ch.comKf6 :2006/05/13(土) 21:57:01 ID:4gvCGYdG0
Me too.
なんですが、なにせ勉きょ(ry

404 :( ´∀`)さん:2006/05/14(日) 01:11:07 ID:vAyq40590
両氏ともがんがれ。
気長に待ってます。

405 :( ´∀`)さん:2006/05/14(日) 15:40:48 ID:nLWTH7uT0
期待して待っております。

348 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)